Youtubeで動画公開中のJapan Videographyが運営する動画紹介サイトです。

Japan Videography Video Collection

仙台空港 復興初便 JALエクスプレス ボーイング737-800

仙台空港の映像

仙台空港復興初日の日本航空臨時便 ボーイング737-800 | 航空映像

投稿日:

2011年4月13日 3.11東日本大震災にて大津波の被害を受けた仙台空港が1ヶ月という早さで復旧致した。米軍トモダチ作戦の拠点であったが、懸命な復旧活動のおかげで民間飛行機が発着する事が出来るようになり、初日は日本航空と全日本空輸で臨時便の運航を行った。

東日本大震災で発生した大津波の影響で、仙台空港の1階部分は浸水、滑走路やターミナル等に瓦礫に埋もれ全く使用できない状態が続き、復旧までは数年かかるだろうと見込まれていたが、懸命な復旧作業のおかげでわずか1ヶ月という短期間に発着できるようになり、2011年4月13日に本来は運航の無い羽田空港行きの臨時便として、日本航空と全日本空輸が旅客機を運航させた。

元々東京行きは新幹線との競合があり、高速化によって時間に大差が無くなった事から、旅客機の運航は無くなったのだが、震災の影響を受けて走行不能になった東北新幹線の代わりに運航され、復旧までの間続いたのである。
この日の午後に仙台空港に降り立った機材は、日本航空のボーイング737-800型機で、震災復興を願い「がんばろう日本」のロゴをラッピングした機体で初日のフライトを行ったのである。

空港/運用滑走路 仙台空港(SDJ/RJSS)/RWY27
航空会社 JALエクスプレス(JC/JEX)(元 日本航空子会社 2014年10月に合併)
航空機メーカー・形式 ボーイング 737-846
機体識別番号 JA302J

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-仙台空港の映像
-, ,

Copyright© Japan Videography Video Collection , 2019 All Rights Reserved.