東日本大震災から一か月後の宮城県仙台市宮城野区蒲生地区

仙台市宮城野区蒲生のアパート

宮城県仙台市宮城野区蒲生地区は、北側に仙台港、東側には野鳥が飛来する蒲生干潟がある事で知られていた場所です。南側には七北田川河口もあり、中州のような場所に住宅がありましたが、この地域も東日本大震災による津波の影響を受けてほとんどの建造物が被害を受けています。

仙台市蒲生地区の津波被害
海岸から離れれば離れるほど被害の規模は少なくなっていましたが、この周辺は家屋の一階部分が浸水しています。
避難生活にも落ち着きを取り戻して、近所の方々が残った家財を探している光景も見受けられました。

仙台市蒲生地区で発生した火災
宮城県仙台市蒲生地区は津波による被害だけではなく火災も発生していて、東北地方太平洋沖地震の発生後から一晩中燃えていたそうです。
その後の取材で、自宅の2階に取り残された方がいた事がわかり、一階部分は浸水したままの状態で家屋に火が燃え移る寸前であったため、「このまま燃え移る事があれば飛び込むしかなかった」と語っていました。

仙台市宮城野区蒲生のアパート
以前は私もこのアパートの一階部分に住んでいましたが、瓦礫や車両が流れ込んで壁や窓を壊してしまっています。

津波で横倒しになった車両
流された車両は桜の木に引っかかるような状態で横倒しにされています。

仙台市宮城野区蒲生のアパート
2階の方が燃え方が酷いのは、津波が発生してからなかなか水位が下がらなかったためなのだそうです。
後日訪れた際は、一階部分で煙が燻っている状態でした。

蒲生地区のアパート室内
地震対策のために固定していた家具を残して、全ての家具が横倒しにされています。
家電製品も水没していたため、家財のほとんどが使用できなくなっています。

蒲生地区のアパート室内

台所周辺は津波の流れが弱かったのか、水によって浮き上がらせられた家具以外はそのままの場所に残されています。

蒲生地区の津波の水位
1階部分はほぼ完全に水没していた形跡が残っています。
西側から東側に向けて畳や家財が寄せられていたため、津波が発生してから引き波による影響があったのだと思われます。

津波によって崩壊した壁
西側にあった部屋であったため、西側から東側に向けて壁が壊されている形跡が残ります。この周辺は火災による影響が強かったようです。

撮影日時:2011年4月10日
撮影場所:宮城県仙台市宮城野区蒲生1丁目

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. 仙台空港 超大型貨物機 ヴォルガドニエプル航空 アントノフAn-124ルスラーンの離着陸

    仙台空港 超大型貨物機 ヴォルガドニエプル航空 アントノフAn-124ルスラーンの離着陸

  2. 仙台空港 飛行機の連続着陸と美しい満月

    仙台空港 飛行機の連続着陸と美しい満月

  3. 仙台空港の夜景と全日本空輸 ボーイング777-200ERの離陸

    仙台空港の夜景と全日本空輸 ボーイング777-200ERの離陸

  4. ニューギニア航空のテクニカルランディング ボンバルディア ダッシュ8

    仙台空港 ニューギニア航空のテクニカルランディング ボンバルディア ダッシュ8

  5. ウクライナ政府専用機 イリューシン Il-62M

    東日本大震災発生から1年後の仙台空港|宮城県名取市

  6. SENDAI 光のページェント2012

    定禅寺通りを照らす60万球のイルミネーション SENDAI光のページェント 2012 | 宮城県仙台市

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2016年 航空自衛隊 松島基地復興感謝イベント ブルーインパルス展示飛行 | 宮城県東松島市

    2016年 航空自衛隊 松島基地復興感謝イベント ブルーインパルス展示…

  2. 2016年 赤川花火大会「紡~心染む しあわせ花火~」 | 山形県鶴岡市

    2016年 赤川花火大会「紡~心染む しあわせ花火~」 | 山形県鶴岡市

  3. 2016年 大谷海岸花火まつり「鎮魂と希望の花火」 | 宮城県気仙沼市

    2016年 大谷海岸花火まつり「鎮魂と希望の花火」 | 宮城県気仙沼市

  4. 2016年 市川三郷町ふるさと夏まつり 神明の花火大会 | 山梨県西八代郡市川三郷町

    2016年 市川三郷町ふるさと夏まつり 神明の花火大会 | 山梨県西八代…

  5. 2016年 石巻川開き祭り花火大会 | 宮城県石巻市

    2016年 石巻川開き祭り花火大会 | 宮城県石巻市

カテゴリー