蔵王エコーライン 滝見台 御釜 駒草平 ドッコ沼の紅葉 秋の風景

蔵王エコーライン 滝見台 御釜 駒草平 ドッコ沼の紅葉 秋の風景 | 宮城県・山形県

蔵王エコーライン 滝見台 御釜 駒草平 ドッコ沼の紅葉 秋の風景

蔵王連峰を東西に横断し、宮城県と山形県を繋ぐ山岳道路、蔵王エコーラインの紅葉や秋の風景です。
宮城蔵王の遠刈田温泉郷から山形蔵王温泉を超え、上山市に抜ける事が出来る蔵王エコーラインは、全長約26kmの山岳観光道路として知られています。
沿道には、蔵王連峰の雄大な自然を観賞できる展望台や遊歩道なども整備されており、ハイキング客だけではなく、一般の観光客も軽装で気軽に観光を楽しめるのも魅力の一つとなっています。
冬季閉鎖をしている長い冬を終えて、全面的に開通した直後に見る事が出来る雪の壁や初夏の新緑なども美しいですが、蔵王刈田岳・熊野岳・五色岳に囲まれている「蔵王の御釜」周辺から徐々に山麓に向けて木々が色付いていく秋の紅葉もとても幻想的です。
紅葉が見頃を迎える時期は凍結による夜間閉鎖が行われる季節になりますが、宮城県側から山形県側に向けて際には、山形自動車道を利用して宮城側に戻る事が出来ます。

この映像では、蔵王エコーラインや蔵王ハイラインの沿道にある観光名所を5K解像度でご紹介しています。

0:00 滝見台/Takimidai
蔵王エコーラインの宮城県側入り口から山頂に向けて約4.5kmほど走行した位置にある滝見台は、正面に見える三階滝や右側の不動滝・地蔵滝を一気に見る事が可能なビュースポットです。

1:44 蔵王不動尊
入口に不動明王像がある蔵王不動尊には、落差53.5メートルの規模を誇る不動滝を眺める事が可能な観瀑台が整備されています。
蔵王不動尊と不動滝に何らかの関係があるとも言われていますが、詳細は不明です。

3:15 駒草平
可愛らしいピンク色の高山植物・コマクサの群生を見る事が出来た駒草平は、断崖絶壁に設置された展望台から「不帰(かえらず)の滝」や雄大な山々の風景を眺める事が出来ます。
現在はコマクサの群生を見る事が出来なくなったため、植物採取を禁止し復元活動にも取り組まれているそうです。

4:39 ドッコ沼
宮本輝さんの小説「錦繍」の舞台にもなっているドッコ沼は、周囲約350m、平均水深2mほどある沼で、沼底からは絶えず水が湧き出しています。
光の当たり具合によっては水辺が透き通ったエメラルドグリーンに染まって見える事もあり、秋の紅葉や初夏の新緑などは特に美しい風景を観賞する事ができます。

5:23 蔵王の御釜
有料の蔵王ハイラインを通行して行く事が出来る蔵王の御釜は、蔵王連峰の中で最も有名な観光スポットになっています。
1,000~2,000年ほど前の噴火によって火口湖が形成された事が始まりとなっており、火山活動が無い時期の水面は澄んだ瑠璃色をしています。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. 泉区民ふるさとまつり 花火大会 2019 | 宮城県仙台市

    泉区民ふるさとまつり 花火大会 2019 | 宮城県仙台市

  2. 新緑が映える鬼首 地獄谷遊歩道の風景

  3. 国営みちのく杜の湖畔公園 冬のイルミネーション2018 | 宮城県川崎町

    国営みちのく杜の湖畔公園 冬のイルミネーション2018

  4. 国営みちのく杜の湖畔公園 クリスマスイルミネーション2017 | 宮城県川崎町

    国営みちのく杜の湖畔公園 クリスマスイルミネーション2017

  5. 日本一の春の絶景 弘前公園の美しい桜 | 青森県弘前市

    日本一の春の絶景 弘前公園の美しい桜

  6. 東京ドイツ村 ウィンターイルミネーション 2019-2020 | 千葉県袖ケ浦市

    東京ドイツ村 ウィンターイルミネーション 2019-2020

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。