東北から九州まで、全国の観光情報や季節のイベント情報を集めた写真と動画による総合情報サイトです。

Japan Videography 公式情報サイト

土浦全国花火競技大会 大会提供「土浦花火づくし」

茨城県の観光・旅行情報

土浦全国花火競技大会-3部門で競い合う日本三大花火|茨城県の花火情報2018

更新日:

2018年10月6日に茨城県土浦市の桜川河畔で開催予定の、「土浦全国花火競技大会」です。長岡まつり大花火大会や大曲全国花火競技大会と共に日本三大花火の一つとされている土浦全国花火競技大会は10号玉・スターマイン・創造花火の3つの競技で腕を競い合います。

土浦全国花火競技大会

土浦全国花火競技大会の歴史

長岡・大曲と並び、日本三大花火の一つとして数えられている土浦全国花火競技大会は、1925年(大正14年)に大日本帝国海軍の霞ヶ浦海軍航空隊の航空戦死者の慰霊のために、神龍寺(茨城県土浦市)の24代住職 故秋元梅峯が私財を投じて霞ヶ浦河畔で花火を打ち上げた事が始まりとされていて、当時は9月に行われていました。

第二次世界大戦による中断があったものの、終戦後の1946年(昭和21年)にいち早く再開しましたが、運営が厳しい状況でもあった事で中止が検討されたものの、現在の日本煙火協会が出品者の確保や入賞者へ贈る賞の設立など大会運営に尽力を尽くし、現在の土浦全国花火競技大会の基礎となりました。

その後の1959年(昭和34年)には、速射連発の部を設立し、1982年にはスターマインの部と名称を変えて、現在も続けられています。

花火競技大会の内容

10号玉の部

土浦全国花火競技大会は、大曲のように課題玉の多重芯割物花火と自由玉の10号玉2発ずつではなく、各社1発ずつ自由な発想で花火の打ち上げを行いますので、多重芯に限らず花火業者の得意とする玉などいろいろな花火を持ち込む事となり、審査も多重芯でなければ上位に入れないというような事は無さそうです。

スターマインの部

1959年に速射連発の部として設立した後にスターマインの部と名称を変えた競技で、1社につき幅40mを使い4号玉までの花火を400玉以内で打ち上げ、タイトルとの整合性や打ち上げのリズム感・美しさが競われます。

創造花火

花火は丸いという型にとらわれず、斬新なアイデアで1社につき5号玉7発を打ち上げる花火で、キャラクターや模様など、型物を中心とした様々な花火を打ち上げて競技をいたします。また、型物となれば、審査員席に正面を向けなくてはいけないので、回転しながら打ち上がる玉を開花時に正面を向かせなくてはいけないという高度な技術も要します。

土浦全国花火競技大会 関連動画


2014年 土浦全国花火競技大会 10号玉の部
2014年の10号玉の部をしゅうした約7分30秒の映像となります。10号玉5社続きで行われ、その後にスターマイン2社・創造花火2社と続き、再び10号玉5社の打ち上げとなるプログラム進行となっています。


2014年 土浦全国花火競技大会 スターマインの部 野村花火工業㈱ 「幻想イルミネーション」
2014年のスターマインの部で優勝・内閣総理大臣賞を受賞した野村花火工業株式会社によるスターマイン「幻想イルミネーション」です。時差変化を多用して、イルミネーションのようなキラキラした世界観を表現したスターマインです。


2014年 土浦全国花火競技大会 創造花火の部
全ての動画を収録してはいませんが、5号玉7発のユニークな花火が打ち上がります。


2014年 土浦全国花火競技大会 大会提供ワイドスターマイン「土浦花火づくし」
花火打ち上げ時間の終盤ではなく、スタートして1時間後の午後7時過ぎぐらいに行われる大会提供ワイドスターマイン「土浦花火づくし」は、2000発を超える花火を最大で9か所から打ち上げています。

土浦全国花火競技大会 詳細情報

 

開催場所 関東地方/茨城県土浦市 桜川河畔
開催日時 2018年10月6日 18:00~20:30
打ち上げ数
最大号数 10号玉
観覧料 桟敷席 全マス 22,000円
桟敷席 半マス 11,000円
駐車場 無料と有料駐車場あり
交通アクセス 常磐道 桜土浦ICから約5km
常磐道 土浦北ICから約5km
JR常磐線 土浦駅 下車 徒歩30分

この記事は、昨年実績の内容に基づいて執筆しています。駐車場情報や最新の情報は公式ホームページ等をご参照ください。

-茨城県の観光・旅行情報
-, ,

Copyright© Japan Videography 公式情報サイト , 2019 All Rights Reserved.