東北から九州まで、全国の観光情報や季節のイベント情報を集めた写真と動画による総合情報サイトです。

Japan Videography 公式情報サイト

エンジン低回転のガラガラ音 ウォーターポンプの異音

ブログ

夏本番!突然故障する車のウォーターポンプ!エンジンの異音にご注意

更新日:

夏本番となり連日30度を超す猛暑が続いておりますが、夏休みやお盆休みを前にして自動車で長距離を走る機会も多くなるのではないでしょうか?オイル交換やエンジンのメンテナンスをしっかり行っていても突然異音を発生させて壊れるウォーターポンプについて記事にいたしました。

エンジンルーム内の異音にご注意!オーバーヒートを引き起こすウォーターポンプの故障

この記事を書いたきっかけ

自動車を新車で購入してから5年が経過していますが、花火遠征や旅行などでかなりの距離を走ってしまいまして、初回の車検では走行距離が10万kmを突破、5年目に行った2回目の車検では16万kmを越えて、ディーラーも驚く過走行車認定となってしまいました。
2回目の車検では、オイル交換などのメンテナンスの他にタイミングベルトやブレーキローターの研磨、17万km直前にはほぼ溝無しに近かったタイヤも新品に変えて、気持ち新たに次の車検に向けて大事に乗っているつもりではありましたが、エンジンルームから聞こえる音が少し大きくなってきたかな?って思った後に、ウォーターポンプ故障という事態に発展した事から、旅行や花火遠征でかなりの距離を走る方々も多い時期にトラブルなく夏を乗り越えて欲しいという思いもあり、今回はエンジンルーム内の異音について記事にさせていただきます。

ウォーターポンプの機能とは?

圧縮した空気とガソリンをエンジン内部のシリンダー内で燃やして爆発した時の力を利用して動く自動車ですが、現在市販されている自動車のほとんどが水冷エンジンを採用していて、ラジエーターと冷却水を使用して高温になったエンジンを冷却しています。
エンジンの熱で高温になった冷却水は、車両前方に配置してあるラジエーターで冷やされて再びエンジン内部のウォータージャケットを通過する際にエンジン内部が冷却されるようになるのですが、この時にクーラントを循環させる役目を果たしているのがウォーターポンプで、この装置はエンジンの回転する力を利用してタイミングベルトを通じて駆動させ、ラジエーターからエンジンまで冷却水を送るポンプの役目を果たしています。
ハイブリッド車を中心に電動のウォーターポンプも登場してきていますが、どっちにしてもウォーターポンプが本来の機能を失ってしまうと高温になった冷却水は循環されずに、オーバーヒートを起こしてしまい最悪の場合は焼き付きを起こしてエンジン載せ替えや廃車にせざるを得なくなってしまいます。

ウォーターポンプ故障の前兆

エンジン低回転のガラガラ音 ウォーターポンプの異音

「カラカラ」「ガラガラ」と異音がする場合

タイミングベルトでウォーターポンプのプーリーを回転させ、内部のインペラと呼ばれる羽根を回転させてエンジン内部に冷却水を循環させるのですが、プーリーからインペラまでのシャフトを支えているベアリングが破損した場合や、内部の羽根が破損した場合に、「カラカラ」や「ガラガラ」とノッキングに似たような異音を発生させます。比較的低回転域やアイドリング域で異音が出ている事が多いので、エンジン音が大きくなってきたり聞き慣れない音がすると感じたらウォーターポンプの故障を疑った方が良いかもしれません。
冷却水が漏れていなければ即座に故障する事もありませんが、どっちみち漏れ出すのも時間の問題ですので早めに交換した方が良いと思います。

「ウォーン」「ウィーン」と異音がする場合

上の「カラカラ」や「ガラガラ」と同じくベアリングやインペラの故障や冷却水の漏れ止めの役目を果たしているメカニカルシールが破損した際にも音を発するのですが、メカニカルシールが破損すると冷却水も漏れ始めてきますので、こちらの場合でも走行せずに早めに修理に出した方が良いでしょう。

エンジンや地面に緑や赤の液が垂れている場合

前兆ではなく既に冷却水が漏れている状態ですので、走行しないようにしましょう。
アクセルを踏まないで慣性で走行すると水温が下がりアクセルを踏みだすと水温が上昇するなど、水温系が不安定な状況だと冷却水が正常に循環されていない可能性が高いです。
水温計の針が「H」に達している場合に水を継ぎ足して応急的に冷却する事は可能ですが、ラジエーターキャップを開けてしまうと火傷をしてしまう危険性がありますので、必ずリザーバータンクに注入するようにして下さい。(私はこれでオーバーヒートを回避しました)
ここまで来ると、ほとんど自走不可能な状態になっていますので、ボンネットを開けてエンジンを停止させてレッカー車を手配して下さい。
軽症であればラジエーターキャップの損傷って場合もありますので、漏れている箇所はしっかりと確認しておいた方が不要な出費を出さないで済むと思います。
悪質な業者であれば、どうでもいい場所まで修理されて余計な工賃が取られてしまう場合があるようです。

まとめ

前車の場合は、欠陥の多かったリーンバーンエンジンだったので20万kmでノッキングを起こしてお釈迦になってしまったのですが、今回も似たような症状だったので「またか・・・」と覚悟していましたが、今回はウォーターポンプのみの交換で済んで出費は26,000円だけで済みました。
異音が発生し始めたのがいつ頃からなのかはわかりませんが、ウォーターポンプ交換後はほとんど聞こえないぐらいにエンジン音が静かになっていましたので、徐々に劣化を始めて「ガラガラ」音がし始めた頃にはプーリーがグラついている末期症状だったのではないかと思われます。
ウォーターポンプと同様にオルタネーターも異音を発生させますので、あまり聞きなれない音がしたら早めに点検に出して必要な処置を行うか、だいたい10万kmが寿命と言われている部品ですのでタイミングベルト交換時に一緒に交換した方が良いでしょう。
旅行先でエンジンが止まってしまったりすると部品発注に1日以上かかってしまって予定が台無しになってしまったり、最悪の場合は修理工場が閉まっていて修理を受けられない場合もございますので、日常点検はしっかりと行っておきましょう!

-ブログ

Copyright© Japan Videography 公式情報サイト , 2019 All Rights Reserved.