塔のへつり|100万年かけて作り上げられた自然の渓谷美|福島県下郷町

福島県 塔のへつりの風景

福島県南会津郡下郷町にある国の天然記念物、塔のへつりを紹介します。100万年という長い時の中で風化と浸食繰り返しながら作り上げられてきたとされる景勝地で、奇岩、怪石と共に自然が作り上げた見事な景観を楽しむ事ができます。

百万年の歳月が作り上げた塔のへつりの渓谷美

塔のへつりとは?

福島県 塔のへつりの風景
福島県会津若松市内から約30km程の距離にある南会津郡下郷町には、大川の清流にそって奇岩怪石が連なる渓谷である大川ラインの景色が楽しめます。
その中の一番の景勝地とも言われているのが、大川羽鳥県立公園の一部に属する塔のへつりと呼ばれる観光名所で、100万年という歳月をかけて風化と浸食繰り返しながら見事な景色を作り上げてきました。
「へつり」とは、福島県会津地方の方言で「川に迫った険しい断崖」という意味があり、その名の通りに浸食や風化で削り取られた岩壁が、塔が聳え立っているように見える事から名付けられているそうです。

福島県 塔のへつりの展望台
塔のへつりの対岸には展望台があり、ここから眺めると名前の由来がわかるような美しい景観が眺められます。
エメラルドグリーンに染め上げられたような穏やかな水流の真上には吊り橋がかかり、対岸の塔のへつりの側まで自由に往来ができます。

福島県 大川ラインの渓谷
四季を通して様々な姿に表情を変える自然の豊かさも見どころの一つで、同じ下郷町にある大内宿と同様に新緑や紅葉・冬には幻想的な雪景色も楽しめるそうです。

高松宮殿下参拝記念のプレート
吊り橋を渡った先には奇岩の中に作られた「虚空像菩薩」を祀るお堂があり、パワースポットとしても知られていますが、このお堂は征夷大将軍坂上田村麻呂が807年に創建したものであるとか。
昭和45年に高松宮殿下(高松宮宣仁親王)が訪れた事を記念するプレートのようなものも掛けられています。

会津鉄道 塔のへつり駅
会津若松市内から離れた場所にあるので、交通手段が少ないようにも思えますが、会津鉄道の「塔のへつり駅」が近くにあるので、ここから徒歩で渓谷まで向かう事ができます。
どうして、ここに「こけし??」って思ったのですが、こけしの販売と絵付け体験教室を行っている「へつり工房」という伝統こけし工房があるそうです。
こけしは、宮城県の遠刈田と鳴子が有名ですが、福島県の土湯温泉も合わせて「三大こけし発祥の地」と呼ばれている程で、こけしは宮城県だけの名産品ではないみたいです。

塔のへつり 所在地や交通アクセス情報

所在地 東北地方|福島県南会津郡下郷町大字弥五島下タ林5316
期間 見学自由
駐車場 無料
交通アクセス 磐越自動車道 会津若松ICから車で40分
会津鉄道 塔のへつり駅からすぐ
マップコード 433 379 482*76
関連ウェブサイト 下郷町観光協会

最新の情報は公式ホームページ等をご参照ください。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。