事件発生現場写真

ブログ

宮城県富谷市東向陽台で発生した器物損壊事件の被害届提出について

更新日:

2018年4月9日の16:00頃に宮城県富谷市東向陽台1丁目のグリーンベルトで、バイクと桜を撮影していた人物が車を殴るという器物損壊事件が発生した事について警察に被害届を提出し、4月11日の14時に受理されましたので、詳しい内容の報告と、事件発生時の目撃者及び情報提供を求めています。ご協力お願いします。

宮城県富谷市東向陽台 器物損壊事件

事件の内容

閲覧ありがとうございます。Japan Videography代表の芦澤です。

この度、宮城県富谷市東向陽台1丁目のグリーンベルトで2018年(平成30年)4月9日 16時00分前後に、一時停止のある交差点で一時停止していた所、バイクと桜の写真を撮影していた男に車を殴られ破損するという事件が発生し、その後犯人はバイクに乗り仙台市泉区向陽台3丁目方向に逃走し見失いました。

同日16時25分頃に110番通報し、大和警察署からパトカー2台と警察官4人に来ていただき現場検証や証拠提出をいたしました所、悪質な犯行であるという事で被害届の提出をし2018年4月11日14時頃に受理されました。

推測ですが犯行理由について

現場は車の通行量こそ少ないですが、時間帯によっては集中して通りますので、一時停止場所でバイクと桜を撮影していた犯人は通行する車が邪魔だったので思うように写真が撮れず、たまたま最後に通りかかった私の車に八つ当たりしたのだと思います。
また、現場付近は小学生やお年寄りの方も多かったので、今回はたまたま車が被害に遭っただけですが、小学生やお年寄りが現場付近にいたら、暴力事件になっていたのではないかと言う話も出ましたので警察へ相談させていただきました。

事件発生現場と犯人の特徴

事件現場地図
▲事件発生現場地図
のバツ印→事件発生現場
の矢印→自車進行方向
黄色の矢印→逃走経路
逃走経路については一時見失っている部分もあるので、途中で裏道に入っているかもしれません。土地勘には強い人だと思われるので近所の方か通勤通学ルートで使用している人である可能性が高いそうです。

器物損壊事件 犯行車両
逃走車両と同型のバイク もしくは似たようなバイク
ボディ色は青、丸目二灯のヘッドライト
青のジャケット、フルフェイスのヘルメットを着用し、バイクと桜の写真を撮影していて、犯行後に逃走。

事件発生現場写真

事件発生現場写真

犯人は一時停止の看板の向かい側の桜に木の下にバイクを置き、民家の塀付近から撮影

深追いしなかった理由

事件発生現場は住宅街である事と入学式が終わった直後でもありましたので、深追いするのは危険と判断して逃走した方向で待ち伏せていましたが、発見には至りませんでした。
犯人を捕まえるという事は大切な事でもありますが、追いかけた事によって新たな被害者を出してしまう可能性もあるので、ここは気をつけたい所。後はドライブレコーダーは本当に必要な物だと実感いたしました。

被害届提出に踏み切った理由

近年は気軽にTwitterやinstagramで写真を公開できるようになったという反面、悪質なマナーやルール違反などで、撮影場所が限られてしまう事も多くなってきました。
撮影のために器物損壊や不法侵入の他、暴力事件やポートレート撮影でのモデルへのセクハラなど、昔はあまり聞かなかった話ではありましたが、SNSの普及により最近はよく目にする機会も増えてきました。
今回の事案についても、写真を撮影していた人物が起こした事件ですので、同じような被害者を出さない為にも許せない行為であるとは思い、被害届を提出いたしました。

情報提供のお願いと今後の対応について

事件発生時刻に現場付近で写真を撮影していた方や目撃証言など有力な情報を募集しています。
当サイトのお問合せか、110番か担当して下さった大和警察署成田交番の方にご連絡いただければ幸いです。
Japan Videography お問合せページ
大和警察署 成田交番
警察にご連絡の際は、「4月9日16時頃に東向陽台グリーンベルトで発生した車両への器物損壊事件について」とお伝え下さい。
当サイトお問合せにご連絡いただけた場合は、japan-videography.comのメールアドレスからご返信いたしますので、お手数ですが同地区の治安維持のためにもご協力いただきたいので、ご協力よろしくお願いします。
現在は、事件発生現場の町内会にもご協力をいただき、会報に掲載していただける事となりましたので、この場を借りて感謝を申し上げます。

今後の対応としましては、出頭していただけるのであれば反省の余地があるとして修理代の請求のみと致しますが、自首していただけない場合は直接の示談は致しませんので、弁護士を立てての損害賠償請求といたします。

-ブログ

Copyright© Japan Videography Express , 2019 All Rights Reserved.