東北から九州まで、全国の観光情報や季節のイベント情報を集めた写真と動画による総合情報サイトです。

Japan Videography 公式情報サイト

ブログ

宮城県富谷市市制施行2周年記念 花火プロジェクト

更新日:

2016年10月10日に合併無しでの単独市制施行を果たした宮城県富谷市は、2018年10月10日に市制施行2周年を迎えて、富谷市役所やしんまち公園一帯で1038発の花火を打ち上げる、富谷市市制施行2周年記念 花火プロジェクトが行われました。

宮城県富谷市市制施行2周年記念 花火プロジェクト

 

宮城県富谷市とは?

江戸時代初期に仙台藩の伊達政宗の命によって開設した富谷宿は、江戸日本橋が起点となって箱館奉行所までを通っていた奥州街道の72番目となった宿場町で、七北田宿から吉岡宿までの距離が遠かった事から新たに開設されました。
明治22年に町村制が施行されると周辺の9村と共に富谷村が成立して、その後は徐々に人口を伸ばしていき、5000人に達した昭和32年頃には宮城県知事からの合併勧告を拒否すると、続いて内閣総理大臣からの合併勧告も拒否して、昭和38年には単独での町制施行で富谷町となります。
昭和後期から平成にかけて富谷町は、仙台市北部のベッドタウンと栄えて急速に人口を伸ばしていき、5万人に達した2016年10月10日には単で区での市制施行をして、宮城県で14番目となる市が誕生しました。

富谷市市制施行を祝う花火大会 花火プロジェクト

富谷市となった10月10日を記念日として、2017年に初開催となった花火プロジェクトは、富谷市役所やしんまち公園を観覧会場に打ち上げ花火や小型煙火、ローマンキャンドルを中心とした1,038発の花火が打ち上げられる宮城県内でも珍しい秋の花火大会となっています。

市役所ではカウントダウンも行われました

富谷市市制施行2周年記念 花火プロジェクト オープニング花火花火の観覧会場は、しんまち公園富谷市役所など、花火の打ち上げ場所である富谷小学校周辺のどこからでも見る事ができます。花火の見やすさで言えばしんまち公園なのですが、今年初めて観覧した富谷市役所では、花火の打ち上げ開始に合わせてカウントダウンが行われました。

富谷の夜空を彩る1038発の花火

富谷市市制施行2周年記念 花火プロジェクト ローマンキャンドル花火の打ち上げ内容がわかるプログラムは用意されていませんが、2.5号玉か3号玉の花火、小型煙火やローマンキャンドルなどが次々と打ち上げられます。
打ち上げ場所から観覧場所までの距離も短いので、打ち上げ号数はこれが限界なのではないかと思いますが、宮城県内では数少ない秋の花火大会として行われて2年目となりますので、これからも定着して欲しいとは思います。

フィナーレではサプライズ的な演出も!

富谷市市制施行2周年記念 花火プロジェクト フィナーレ花火
花火の打ち上げが全て終わったかと思うと、市長さんの挨拶があり、実は最後のプログラムがあるとの事。
終わったかと思っていたのに、粋な計らいでしたね。
花火自体も全て1箇所からの打ち上げではあったのですが、上空で幅が広がるようなワイド打ちでした。筒の角度を調整したのか上空でコントロールしたのかはわかりませんが、前々から気になっていた事ではあったので、なんとなく仕組みがわかって良かったです(笑)
花火の打ち上げ担当は、仙台市の㈱芳賀火工さんでした。

富谷市市制施行2周年記念 花火プロジェクトの映像


2018年 富谷市市制施行2周年記念 花火プロジェクト

2018年は市役所側から撮影しましたが、木の隙間から見ないと小型煙火やローマンキャンドルが見えにくくなってしまうのが少々難点かもしれません。
撮影機材:Sony α7S+ATOMOS NINJA FLAME
音声収録マイク:RODE NT4


2017年 富谷市市制施行1周年記念 花火プロジェクト
2018年は市役所側からの撮影でしたが、2017年はしんまち公園から撮影しています。見やすさで言えばこちら側がオススメです。

今日から富谷市は3年目となりましたが、まずは富谷市の2周年おめでとうございます。これからも、この町が発展していく事と住民の安全を心から願っています。

-ブログ

Copyright© Japan Videography 公式情報サイト , 2019 All Rights Reserved.