多賀城跡あやめ園 ライトアップ

宮城県の観光・旅行情報

多賀城跡あやめ園 多賀城跡あやめまつり(宮城県多賀城市)

更新日:

宮城県多賀城市の多賀城跡あやめ園で毎年6月中旬から下旬まで行われている「多賀城跡あやめまつり」は、二万一千平方メートルの敷地に約800種類300万本の菖蒲やハナショウブ、カキツバタなどの花が美しく咲き誇ります。

多賀城跡あやめまつり~あやめ園に咲く800種300万本の菖蒲~

多賀城跡あやめ園とは?

宮城県多賀城市の多賀城跡は、神亀元年に按察使大野東人が築城、創建した陸奥国府と鎮守府が置かれていた場所で、奈良県の平城京跡、福岡県の太宰府跡と共に日本三大史跡に数えられていて、国指定特別史跡にも指定されています。
その多賀城跡の一角にあるのが「多賀城跡あやめ園」で、約2万1千平方メートルの敷地面積を有し、園内には800種類300万本のアヤメやカキツバタ・花菖蒲などが植えられていて、毎年6月中旬から下旬にかけて美しい花々が訪れる人々を魅了します。

多賀城跡あやめまつりの見どころ

多賀城跡あやめ園
21,000㎡もある多賀城跡あやめ園の一部だけでも青や紫、白などのカラフルな花々が植えられていて、全体での品種数では東北随一とも言える程の規模です。どれが何の花かと聞かれてもなかなか覚えられるもんではありません。

多賀城跡あやめ園の遊歩道
多賀城跡あやめ園の各所には遊歩道が整備されていて一部は桟橋のようなエリアもあり、お花畑を見下ろせるような絶景スポットも存在します。高さはありませんが手すり等は無いので転落にも気を付けなくてはいけませんね!
全体的にも観覧エリアのほとんどが舗装されていますので、車いすでの入場が可能です。

多賀城跡あやめ園の花
撮影した時期的に花が咲き終わる頃であったのと、異常気象とも思える程に気温が高く晴れている日がとても多かったために花の見頃は過ぎていましたが、見頃を迎えた時期には元気の良さそうな花々の姿が楽しめます。(写真の撮影は2018年)

多賀城跡あやめ園
園内にはあやめ即売所もありますので、花を見て楽しんだ後に購入して自宅でも鑑賞する事も可能です。植えられているエリアから販売しているので、売れ行き次第では花の密度がスカスカになる所も。
多賀城あやめまつりは、開花の時期に合わせて開催日が毎年変動します。

多賀城跡あやめまつりのもう一つの見どころ 光のインスタレーション

多賀城跡あやめ園 ライトアップ

花の見頃を迎えた頃の木曜日から土曜日の3日間限定で、LEDライトでアヤメを幻想的に照らし出すイベント「光のインスタレーション」が催されます。期間中は特設ステージで日本舞踊や古代笛の演奏など各種ステージイベントが行われていました。 また、来場者には提灯の貸し出しも行っています。

多賀城跡あやめ園 ライトアップ

明るさが弱いLEDスポットライトみたいな感じなので、全体的に照らすよりも幻想的な感じがいたします。ライトアップ時間は19時から21時までですが、開始当初は周囲も明るいため真っ暗な中でライトアップイベントを楽しめるのは20時以降、賞味1時間程度です。それまでは会場にある屋台を巡ったりステージイベントを楽しんでいても良いかもしれませんね!

多賀城跡あやめまつりの動画


[4K]花の名所 多賀城跡あやめまつり(宮城県多賀城市) ライトアップ Tagajō Iris Flower Festival in Miyagi Japan

映像は2019年撮影。曇り空で動画的には少々映えない感じもしましたが、とても元気の良さそうな花の姿が楽しめました。夜間に行われたライトアップイベント「光のインスタレーション」も収録しています。

Color Correction:Blackmagic Design DaVinci Resolve
Video Edit:Adobe Premiere Pro CC
Camcorder:Sony a7S+ATOMOS NINJA FLAME(4K S-log2/S-Gamut)
Lens:SAL1635Z+LA-EA4
stabilizer:Feiyu Tech α2000

多賀城あやめまつり 詳細情報

住所 東北地方/宮城県多賀城市市川立石
期間 毎年6月中旬から下旬 (光のインスタレーション 見頃時期に3日間)
時間 10:00~16:00 (光のインスタレーション 19:00~21:00)
駐車場 合計180台
普通車300円 バス1台3000円
交通アクセス JR東北本線 国府多賀城駅から徒歩5分

 

-宮城県の観光・旅行情報
-, ,

Copyright© Japan Videography Express , 2019 All Rights Reserved.