SS30・住友生命仙台中央ビルから眺める仙台市街地の夜景|宮城県仙台市

SS30 展望フロアから眺める夜景

宮城県仙台市のJR仙台駅西口に立つSS30・住友生命仙台中央ビル展望フロアから眺める仙台市街地の夜景です。高層階へ直行する専用エレベーターで上る地上128メートルの展望フロアからは、仙台市中心部の景色をパノラマ的に一望できます。

SS30展望フロアから眺める仙台市街地の夜景

SS30・住友生命仙台中央ビルとは?

宮城県仙台市 SS30・住友生命ビル

宮城県仙台市のJR仙台駅から約800メートルほどの距離にあるSS30・住友生命仙台中央ビルは1989年に竣工した30階建て・高さが143メートルもある超高層ビルで、建設当時は東北地方で最も高いビルとして話題になりました。

敷地内には本格シティホテルである「仙台国際ホテル」や温水プールがある「セントラルスポーツ」などがありますが、SS30自体は主にオフィスが入居する施設になっています。

このビルの最上階にあるのが、地上128メートルの高さから仙台市内の景色を一望できる展望フロアとなっています。

SS30から眺める夜景

SS30のエレベーター スカイシャトル
高層階用と低層階用、駐車場などに分かれているエレベーターがありますが、飲食階や展望フロアに上れのはスカイシャトルと名付けられたこちらの専用エレベーターを使用します。

仙台市 SS30の展望フロア
SS30の展望フロアは広く開放的な空間になっています。景観を損なわないように薄暗い間接照明をメインに使用していますが、ガラスへの写り込みは若干あります。

仙台市 SS30の展望フロア
とても開放的で大きな窓と手前に手すりが付いていますが、この台の上に物を置くのはダメなようです。
なので、台の上に三脚を置いて撮影するのは遠慮していただいているそうで、あまりにもひどい場合は警備員がすっ飛んで来る事もあるみたいです。

SS30 展望フロアから眺める夜景
主に、大年寺山のミヤギテレビ放送送信所電波塔や仙台スカイキャンドルなどがある南方面や、仙台市太白区方面の美しい夜景を楽しむ事ができます。
下から見上げると大きく見える建物でも、SS30の展望フロアから見下ろすととても小さく見えますね。

SS30 展望フロアから眺める夜景
JR東北新幹線や東北本線が通過する東側や、反対側の窓では八木山がある西側の景色も眺める事ができますが、壁などに遮られて見れなくなってしまう部分があります。
仙台駅前のAER(アエル)と同様に、こちらでもカメラのISO感度を上げて手持ち撮影をするのが良いでしょう。

SS30の所在地や交通アクセス情報

所在地 東北地方|宮城県仙台市青葉区中央4丁目6−1
時間 7:00~23:00
料金 無料
駐車場 84台 30分200円
交通アクセス JR仙台駅から徒歩10分
マップコード 21 615 354*22
関連ウェブサイト SS30公式ウェブサイト

最新の情報は公式ホームページ等をご参照ください。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。