東北から九州まで、全国の観光情報や季節のイベント情報を集めた写真と動画による総合情報サイトです。

Japan Videography 公式情報サイト

滋賀県近江八幡市の無形民俗文化財 篠田の花火

滋賀県の観光・旅行情報

近江八幡の火まつり 篠田の花火-幻想的な和火の光|滋賀県の花火情報2018

更新日:

滋賀県近江八幡市の篠田神社で毎年5月4日に開催される「篠田の花火」は、「左義長まつり」「八幡まつり」と並ぶ「近江八幡の火まつり」の一つに挙げられ、幻想的な青い光を放つ高さ10m・幅22mの板で製作した仕掛け花火は、篠田の花火と共に江戸時代から始まったとされる深い歴史を持つ花火で、国選択無形民俗文化財にも指定されています。

近江八幡の火まつり 篠田の花火

篠田の花火について

滋賀県近江八幡市の篠田神社で開催する「篠田の花火」は、「左義長まつり」「八幡まつり」と並ぶ「近江八幡の火まつり」の一つに数えられ、この3つの祭りを合わせた「近江八幡の火まつり」は日本国無形民俗文化財に選択される程の伝統と歴史のある行事です。その中の「篠田の花火」は、江戸時代に雨乞いの返礼として、硝石で花火を作り奉納した事が始まりとされていて、現在 篠田の花火で使用される仕掛け花火の製作期間は板の乾燥に9か月、仕掛け花火の制作に1か月かかり、その大きさは高さ10m・幅22mにも及び、使用される火薬は、硫黄・硝石・桐灰を調合した和火薬で、毎年違った絵柄に火薬を塗り込んだ仕掛け花火を篠田神社に奉納します。滋賀県近江八幡市の無形民俗文化財 篠田の花火 仕掛け花火
篠田神社の境内に設置した高さ10m程の板に奉火すると、観覧場所まで伝わる熱気や爆音と共に回り火や乱玉などの仕掛け花火が点火され、それが収まると同時に板に描かれた絵柄が幻想的な青い光と共に浮かび上がります。

近江八幡の火まつり 篠田の花火 大松明
打ち上げ花火が終わると同時に立てられた大松明は、青い光を放つ仕掛け花火の火が消えると共に火が放たれて、篠田の花火はラストを迎えます。

他にも見どころ沢山の篠田の花火

滋賀県近江八幡市 近江八幡の火まつり 篠田の花火
篠田の花火では、仕掛け花火に点火する前まで打ち上げ花火があり、前半は小玉中心の花火となりますが、中盤からラストまでは7号玉や最大で10号玉ともなる単発の花火が打ち上げられます。
日本全国の煙火店さんが製作した花火が見れたのですが、地元宮城で見る事の無い佐藤煙火さんの綺麗な10号三重芯変化菊が見れたのは貴重でした。

篠田の花火 関連動画


滋賀県 篠田神社 近江八幡の火まつり「篠田の花火」
約40分近い映像となっていますが、仕掛け花火が始まるのは26:10付近からとなりますが、最初から見て頂いた方が日本のお祭りの雰囲気を味わえるのではないかと思います。

篠田の花火 詳細情報

日時 2018年5月4日 ※雨天順延 20:00~22:00
会場 近畿地方/滋賀県近江八幡市上田町 篠田神社
打ち上げ数
最大号数 10号玉
駐車場 臨時駐車場あり
交通アクセス JR琵琶湖線 近江八幡駅 徒歩30分
近江鉄道・湖国バス 上田 下車 徒歩5分

-滋賀県の観光・旅行情報

Copyright© Japan Videography 公式情報サイト , 2019 All Rights Reserved.