東北から九州まで、全国の観光情報や季節のイベント情報を集めた写真と動画による総合情報サイトです。

Japan Videography 公式情報サイト

仙台・青葉まつり 仙台すずめ踊り

宮城県の観光・旅行情報

仙台・青葉まつり-仙台名物のすずめ踊りは必見|宮城県の観光情報2018

更新日:

2018年5月19日と20日に宮城県仙台市で開催する「仙台・青葉まつり」です。江戸時代に行われていた「仙台祭」と伊達政宗の命日に青葉神社の祭礼として生まれ変わった「青葉祭」の名称を合わせて毎年5月第3週土日に行われるお祭りで、すずめ踊りや武者行列などが行われます。

仙台・青葉まつり

祭りの歴史

仙台祭

江戸時代となる1655年から仙台東照宮の祭礼として仙台城下で山鉾が出回る仙臺祭(仙台祭)と呼ばれる仙台藩最大のお祭りがありましたが、後の戊辰戦争で仙台藩が降伏すると次第に仙台祭の開催が難しくなっていくと、大町の商人が現在の西公園にある櫻岡大神宮の祭礼として行うようになっていきました。

青葉祭り

その後に、仙台藩主 伊達政宗を祭神とする青葉神社が創建されると、伊達政宗の命日である5月24日に祭礼が行われるようになり、そのお祭りが盛んになっていくと次第に「青葉祭り」という名称が生まれましたが、交通事情や協賛中止などにより、仙台祭から300年以上続いた青葉祭りが1970年に中止を決定しました。

仙台・青葉まつりのスタート

伊達政宗公没後350年となる、1985年(昭和60年)に第1回の 仙台・青葉まつりが復活すると、仙台城落成時に現在の大阪府堺市から来ていた石工が即興で踊ったのが始まりと言われている「仙台すずめ踊り」が踊られるようになり、後にすずめ踊りコンテストや山鉾巡行が行われるようになったのが現在の仙台・青葉まつりのベースとなっています。

仙台・青葉まつりの内容

仙台・青葉まつりは、毎年5月第3週の土曜日と日曜日に宮城県仙台市の定禅寺通りや広瀬通りおよびその周辺で開催され、仙台祭や青葉まつりの歴史を継承した山鉾巡行や神輿渡御に、仙台すずめ踊りや政宗公没後350年から行われている武者行列を加えたものを行い、毎年90万人を超える来場者数を記録する宮城県内でも最大のお祭りとなっています。

1日目 宵まつり

仙台・青葉まつり すずめ踊り流し踊り1日目の宵まつりは、仙台すずめ踊りがメインイベントとなっていて、午前中から小すずめ踊り大賞や会場内各所での仙台すずめ踊りの披露、午後からは定禅寺通りや一番町通りで流し踊り等が行われます。
市民広場ステージや定禅寺通りでの流し踊りには、当日に飛び入り参加もできる飛び入り雀「祭雀連」があり、来場者参加型のイベントとなっている所も見どころの一つです。

2日目 本まつり

仙台青葉まつり 山鉾巡行本まつりは、青葉神社から神輿渡御が9時10分にスタートした後に仙台市役所を11時5分に出発する武者隊、12時20分にスタートする山鉾巡行が東二番町通りで合流し、壮大なパレードを繰り広げると同時に中央通りでは仙台すずめ踊り中央通り流し踊りが行われ、その後に東二番町通りの山鉾巡行や伊達時代行列の後に続くように、仙台すずめ踊り大流し踊りが行われます。

仙台・青葉まつりフォトギャラリー

仙台青葉まつり 政宗公神輿渡御

宮城県のイベント 仙台・青葉まつり

仙台・青葉まつり 詳細情報

開催場所 東北地方/宮城県仙台市 定禅寺通り 東二番町通 およびその周辺
開催日時 2018年5月19日 10:00~21:00
20日 10:00~18:00
駐車場 公式駐車場は無し
最寄りの有料駐車場を利用できますが、交通規制にご注意下さい。
交通アクセス 仙台市営地下鉄 勾当台公園駅,広瀬通駅 下車 すぐ
JR仙台駅 下車 徒歩13分

この記事は、昨年実績の内容に基づいて執筆しています。駐車場情報や最新の情報は公式ホームページ等をご参照ください。

-宮城県の観光・旅行情報

Copyright© Japan Videography 公式情報サイト , 2019 All Rights Reserved.