東北から九州まで、全国の観光情報や季節のイベント情報を集めた写真と動画による総合情報サイトです。

Japan Videography 公式情報サイト

仙台空港臨空公園 すべり台

宮城県の観光・旅行情報

飛行機を間近で撮影できる人気の仙台空港臨空公園|飛行機鑑賞スポット

更新日:

至近距離で飛行機の離着陸を楽しめる仙台空港臨空公園は、東日本大震災以前まであった空港東側の公園の名称を引き継いで、2012年4月にリニューアルオープンした公園で、航空ファンや子連れの家族など大勢の人々で賑わう公園で、すべり台やブランコ・トイレなどが整備されています。

飛行機が間近で楽しめる仙台空港臨空公園

東日本大震災と仙台空港臨空公園

東日本大震災後の仙台空港臨空公園
2011年3月11日に発生した東日本大震災以前は、滑走路を挟んで仙台空港旅客ターミナルの向かい側にあった公園で、飛行機鑑賞用の見晴らし台や遊具などが整備され週末ともなると大勢の家族連れや航空ファンで賑わっていました。この公園も海岸から数百メートル程の距離であった事から津波による被害を受け、残念ながら再興させる事もなく解体されてしまいました。

2012年4月にリニューアルオープンした仙台空港臨空公園

遊戯ひろば

東日本大震災後の仙台空港臨空公園
東日本大震災以前にも公園であったと記憶していますが仙台空港ターミナルの西側滑走路端にある公園で、仙台東部道路 仙台空港ICからも近く、自動車であれば比較的アクセスの良い公園です。2012年4月にリニューアルオープンし「展望ひろば」「芝生ひろば」「遊戯ひろば」の3つのエリアに分かれていますが、上の写真が「遊戯ひろば」となっていて「ブランコ」や「アスレチック遊具」「すべり台」などが設置されていて、週末ともなれば大勢の子供達で賑わいます。

仙台空港臨空公園のブランコ
また、仙台空港臨空公園の遊具周りにはマットのような物が敷かれていて、雨が降っていても水溜まりが出来ないようになっている上に、柔らかい素材を使用しているため少々転んだくらいでは怪我をしにくいように配慮されています。

芝生ひろば

仙台空港臨空公園 芝生ひろば
臨空公園の遊戯ひろば周辺には広大な芝生が広がっていて、子供たちが走り回ったり花を摘んだりキャッチボールをしたりなど、様々な遊びを楽しめます。
広大と言っても凄く広いというわけでもないので譲り合って遊ぶ必要もありますが、ボール遊びなどの場合は空港の敷地内に入ってしまうと離着陸の妨げとなってしまう可能性もあるため、あまりオススメできません・・・。

展望ひろば

仙台空港臨空公園 展望ひろば
仙台空港臨空公園には高台となっている場所があり、そこから飛行機の離着陸を楽しむ事ができます。特に春から秋にかけては仙台空港周辺が東風となる事が多く、上の写真のように離陸前の飛行機を間近で見る事が出来ますが、一つ手前の誘導路から滑走路に進入したり、風向きが変わって反対側から離着陸する場合もあり、必ず見れるというわけではございませんが、とても楽しい公園ですので家族でぜひ遊びに行ってみてはいかがでしょう。

動画:Nikon D7500 Picture Control Flat×ATOMOS NINJA FLAME

仙台空港臨空公園で撮影した映像で、真冬の寒い時に震えながら撮影しました。
西風の強い真冬にRWY09となるのは珍しい事で、臨空公園らしい動画が撮影できたのではないかと思います。

仙台空港臨空公園詳細情報

住所 宮城県岩沼市本郷下道清
期間 年中無休
時間 24時間
料金 無料
駐車場 96台
交通アクセス 仙台東部道路「仙台空港I.C.」から車で約5分

-宮城県の観光・旅行情報
-,

Copyright© Japan Videography 公式情報サイト , 2019 All Rights Reserved.