北釜防災公園 | 仙台空港で離着陸する飛行機が見れちゃう多目的公園 | 宮城県名取市

北釜防災公園 児童遊具と飛行機

宮城県名取市の仙台空港東側に完成した、北釜防災公園をご紹介します。
子供達が遊ぶ事の出来る遊具と共に津波発生時の緊急避難先となる高台を備え、空港の滑走路に向かって着陸をする飛行機も見る事が出来きる防災機能を備えた公園です。

仙台空港で離着陸する飛行機が見れちゃう北釜防災公園

北釜防災公園の概要

仙台空港 北釜防災公園
2019年4月26日にオープンした宮城県名取市の北釜防災公園は、災害発生時の緊急避難先となる高台を備えた防災公園です。
東日本大震災前発生前は、テニスコートや多目的グラウンドなどのスポーツ施設を兼ね備えた第二臨空公園があった事をご存知の方がいると思いますが、津波によって全壊となった第2臨空公園跡の南側に、約8年ぶりとなる公園が完成していました。

今回完成した北釜防災公園は緊急避難先となる高台の他、2つの遊具を設けた多目的エリアがあります。

3歳から6歳までのお子様が遊べる幼児用遊具

北釜防災公園 幼児用遊具
駐車場の側にある小さな遊具は、対象年齢が3歳~6歳までになっている幼児遊具が設置されています。
勢いのある小学校高学年の子供達と幼児が一緒の遊具で遊ぶとなると、子どもから目が離せなくなってしまうような冷や冷やする場面もありますが、年齢別に分けているので安心して遊ばせる事が出来ます。
まるで空港の旅客ターミナルビルと滑走路をイメージしたようなデザインで、大小2つの滑り台を備えた複合遊具と謎のカチカチドーム?などが設置してあります。

6歳から12歳までのお兄ちゃんお姉ちゃんが遊べる児童遊具

北釜防災公園 児童遊具
幼児用遊具よりも、かなり大きいようにも見える大型複合遊具ですが、一番長い滑り台の高さがかなり高い位置にあって傾斜も幼児遊具よりもキツイようにも見えますが、結構スピードも出ていたようです。
こちらは、小学校低学年から高学年までの子供達が楽しめるように、多少ですがスリルも味わえるような設計がされているようです。

北釜防災公園 児童遊具と飛行機
仙台空港に着陸する飛行機が飛んでくると、子供達も遊ぶのをやめて眺めている様子でした。
仙台空港西側にある仙台空港臨空公園であれば発着する飛行機と滑走路がよく見えるのですが、こちらは防潮堤よりも低い位置にある公園なので、地上滑走をしている様子などはほとんど見えません。

空港の様子もよく見える防災機能を備えた緊急避難高台

北釜防災公園 緊急避難高台

東日本大震災発生後に東北地方太平洋側沿岸部に作られてきた高台は、津波発生時に緊急避難をするための機能を備えて、人が登るための階段の他、足の不自由な方や車いすの方でも安全に登れるようにとバリアフリーにも対応しています。
防災用の施設ではありますが、北釜防災公園の高台は通常時の利用も制限されていないので、自由に上り下りをする事ができます。

北釜防災公園 緊急避難高台
一番上まで登ると空港のターミナルや滑走路の様子までもがよく見えます。
飛行機が好きな子供達だけではなく、仙台空港に訪れる旅客機を撮影している航空ファンの方も見かけるようになりました。

仙台空港から離陸する飛行機
写真を撮影するのであれば、カメラの機種を問わず350mm(35mm換算)程度の望遠レンズがあれば、写真のように飛行機の迫力のある離陸シーンや滑走路に向かって着陸するシーンも撮影する事が可能です!

仙台空港の進入灯付近
一昨年ぐらいまでは自由に出入りする事が可能だった進入灯付近は、道路のかさ上げやルート変更に伴って立ち入り禁止の場所が多数ありますのでご注意下さい。
2019年11月の時点で仙台空港で発着する飛行機を安全に観賞できる場所は、北釜防災公園の他、仙台国際空港展望デッキ「スマイルテラス」仙台空港臨空公園の3か所になっています。

北釜防災公園のトイレ
公園敷地内にあるトイレは、男女別一ヶ所ずつ、バリアフリーに対応したトイレが一ヶ所設置してあります。
自動販売機も道路を挟んで向かい側にありますが、コンビニエンスストアや飲食店などは仙台空港ターミナルビル内か、ターミナルビルから西側の地域にしか無いのでご注意下さい。

北釜防災公園の交通アクセスや所在地情報

所在地 東北地方/〒981-1201 宮城県名取市下増田屋敷 仙台空港東側付近
開園時間 24時間
駐車場 約95台
第一駐車場 公園東側・第二駐車場 公園西側
交通アクセス 仙台東部道路 仙台空港ICから車で7分
仙台空港アクセス線 仙台空港駅から徒歩9分
撮影 撮影可 三脚・一脚等の撮影補助器具の使用可
公園ですので、人の写り込みなどの肖像権にご注意下さい。
マップコード 21 202 538*78
関連ウェブサイト 無し
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。