宮城県 新緑が美しい磊々峡の風景

宮城県の観光・旅行情報

秋保温泉の自然散策スポット 新緑が美しい磊々峡(らいらいきょう)の風景

更新日:

宮城県仙台市太白区を流れる名取川が侵食して形成した磊々峡(らいらいきょう)は、秋保温泉郷の入り口付近に位置する約1kmほどの峡谷です。峡谷沿いには散歩道が整備され、昔からこの地域で産出されてきた秋保石の岩肌や自然豊かな新緑の美しい風景が楽しめます。

秋保温泉郷の自然を満喫できる磊々峡の風景

磊々峡の見どころ

宮城県 新緑が美しい磊々峡の風景

秋保大滝の下流側で秋保温泉郷の側にある、磊々峡(らいらいきょう)は、宮城県仙台市太白区を流れる名取川の流れによって削り取られた断崖絶壁が続く景勝地で、温泉街の入り口にかかる覗橋から上流と下流の合計1kmに続く峡谷です。
この地域は建築材として用いられた秋保石(あきういし)の採石が盛んで、特に大正時代から昭和初期にかけて最も盛んに行われてきました。
その秋保石の大地を削り取って形成されたのが、磊々峡と呼ばれる渓谷です。

宮城県 秋保温泉 磊々峡の覗橋

秋保温泉への入り口にかかる覗橋から眺める磊々峡の風景です。
渓谷へ降りる階段と遊歩道に繋がる道へと分岐している場所が磊々峡への入り口となっていて、ここから下流側に向けて約650m程を自由に散策できます。
事前に調べていれば良かったのですが、覗橋の下にはハート型になった岩があるとの事で宮城県内では3箇所しかない恋人の聖地にも認定されています。

磊々峡の秋保石

奥羽山脈神室岳が水源となっている名取川の急流が長い年月をかけて秋保石の岩肌を削り取り、美しい断崖絶壁の渓谷を作り上げています。
秋保石は、秋保地区で産出される凝灰岩で、耐久性や耐火性、防水性に優れ、軽量である事から主に建築材として使われています。

いらっしゃいませ秋保の看板

遊歩道を歩いている途中には、レトロ感漂う看板のような物と橋が架けられています。
昭和の名残なのかどうかはわかりませんが、風情があっていいですね!

秋保温泉 磊々峡の橋

この橋には名前も残されてなく、ホテル瑞鳳の私有地となっているそうです。自動車は通行禁止となっていますが、磊々峡の遊歩道の途中にあるため、歩いての観覧は可能になっています。

磊々峡 天斧岩

まるで斧で真っ二つに割ったような岩にも名前があり、「天斧岩」と名付けられています。
遊歩道を歩いていれば、他にも様々な名前を付けられた奇岩怪岩が沢山ありますので探してみて下さいね!

磊々峡から眺めるホテル瑞鳳

東北地方の中でも人気の宿として知られている瑞鳳からも磊々峡の景色を眺める事ができます。
四季折々の景色を眺めながら優雅な時間を過ごしてみたいです!

磊々峡の風景を撮影した動画もありますので、是非ご覧になってみて下さいね!

新緑が美しい磊々峡の動画


[4K]Rairaikyo Gorge 新緑の秋保温泉 磊々峡(らいらいきょう)の風景 宮城県仙台市 Beautiful Scenery in Miyagi Japan

Color Correction:Blackmagic Design DaVinci Resolve
Video Edit:Adobe Premiere Pro CC
Camcorder:Sony a7S+ATOMOS NINJA FLAME(4K S-log2/S-Gamut)
Lens:SAL1635Z+LA-EA4
stabilizer:Feiyu Tech α2000

-宮城県の観光・旅行情報
-, ,

Copyright© Japan Videography Express , 2019 All Rights Reserved.