東北から九州まで、全国の観光情報や季節のイベント情報を集めた写真と動画による総合情報サイトです。

Japan Videography 公式情報サイト

秋田県湯沢市 小安峡の絶景

秋田県の観光情報一覧

小安峡大噴湯-熱湯が噴き出すV字型渓谷の絶景|秋田県の観光情報

更新日:

秋田県湯沢市の小安峡大噴湯は、皆瀬川上流にあるV字型の峡谷で、高さ60mの断崖絶壁と自然が織り成す絶景が楽しめます。また遊歩道を降りると100度近い蒸気が岩壁から噴き出す光景も鑑賞出来ます。

小安峡大噴湯-熱湯が噴き出すV字型渓谷の絶景

小安峡大噴湯について

秋田県湯沢市の小安峡は、雄物川の支流である皆瀬川の水流が刻んだ高さ60メートルにもなるV字型峡谷と自然豊かな景色が見どころとなっている観光スポットとなっていて、秋には紅葉の名所としても人気があります。
また皆瀬川沿いには遊歩道が整備されていて、長い階段を下ると小安峡一番の名所となる「小安峡大噴湯」まで行く事が出来て、高さ60メートルの岩壁から高温の蒸気が轟音と共に噴き出す光景も鑑賞できます。
近くには小安峡温泉もあるので、観光と温泉をセットにして行くのが良いでしょう。

小安峡大噴湯の入り口は2か所

小安峡大噴湯の入り口(駐車場側)小安峡の入口となっているのは小安峡大駐車場正面の入り口と上流の兼子商店側の2か所にあり、どちらからでも遊歩道に降りる事が出来ますが、上流側の方が長くて急な階段となっているので、兼子商店側から降りるのがベストです。
どちらから入るにしても、信号の無い道路を横断しなくてはいけないので、往来する車両には気をつけなくてはいけません。

自然の中を進む階段がどこまでも続きます

小安峡大噴湯 駐車場側の遊歩道入口
前述していましたが、小安峡大駐車場側の遊歩道入口を進むと長い階段が続きます。比較的緩やかな階段なのでこちらを上りにした方が楽なのですが、上の写真のようにこちら側から降りてしまいました。

階段を降りた先には皆瀬川沿いに遊歩道が続く

小安峡大噴湯 皆瀬川沿いの遊歩道
遊歩道を降りると高さ60メートルの断崖絶壁と穏やかな流れの皆瀬川沿いに遊歩道が整備されていて、岩壁の所々から蒸気が噴出しているのが見えてくるのではないかと思います。

轟音と共に噴き出す蒸気は98度の高温です。火傷に注意!

小安峡大噴湯 岩壁から噴き出す蒸気
岩壁から噴き出すのは源泉の蒸気で、轟音と共に噴き出すその温度は98度にも達しています。離れた場所では熱さを感じませんが、岩壁の湯溜りに手を入れるとかなり熱く感じます。カメラのレンズも一瞬で結露してしまうのでご注意を!

下から河原湯橋を見上げると峡谷の深さを感じます

小安峡大噴湯 河原湯橋

小安峡大噴湯の上を見上げると、小安峡大駐車場正面入口と上流の兼子商店側入口の中間地点にある河原湯橋が見えて、地上から遊歩道のある川沿いまで続く岩壁の深さが感じられる絶景スポットとなっています。

河原湯橋からは小安峡の絶景も眺められる

秋田県湯沢市 小安峡の絶景

小安峡に架かる河原湯橋からは、小安峡全体の景色も眺められます。秋には紅葉が美しい絶景スポットですので是非一度訪れてみてはいかがでしょう?
交通手段はほとんど無く、湯沢駅からバスで70分もかかる他、自家用車でもかなり時間がかかります。
また、宮城から小安峡に抜ける際は冬季通行止めとなりますのでご注意下さい。

小安峡大噴湯の4K映像


[4K]秋田県湯沢市 小安峡大噴湯の風景
2017年に三軸ジンバルを使用して撮影した映像で、小安峡大噴湯の周辺全体を撮影しています。
撮影機材:Sony α7S+ATOMOS NINJA FLAME
三軸ジンバル:Feiyutech α2000

小安峡大噴湯 詳細情報

所在地 東北地方/秋田県湯沢市皆瀬湯元5-1
時間 24時間
駐車場 無料
交通アクセス JR 奥羽本線 湯沢駅からバスで70分

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は公式ホームページ等でご確認下さい。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

-秋田県の観光情報一覧
-, ,

Copyright© Japan Videography 公式情報サイト , 2019 All Rights Reserved.