東北から九州まで、全国の観光情報や季節のイベント情報を集めた写真と動画による総合情報サイトです。

Japan Videography 公式情報サイト

能代の花火 800mワイドフィナーレスターマイン

秋田県の観光情報一覧

港まつり 能代の花火-東北唯一正三尺玉2発打上|秋田県の花火情報2018

更新日:

2018年7月21日に秋田県能代市の能代港下浜ふ頭 特設会場で開催予定の「港まつり 能代の花火」は、最大で1000mの幅で打ち上げるフィナーレや東北最大級の大玉・正三尺玉も打ち上げる花火大会で、打ち上げ数は約15.000発にも及びます。この記事では「能代の花火」の見どころや内容をご紹介します。

港まつり 能代の花火

花火大会の内容

能代の花火 東北最大級 正三尺玉打ち上げ

2018年7月21日に秋田県能代市の能代港下浜ふ頭 特設会場で開催予定の「港まつり 能代の花火」は、北日本花火興業、小松煙火工業、和火屋、大久保煙火製造所の秋田県内4業者で担当する花火大会で、花火の打ち上げ幅が最大で約1.000メートルにもなるワイドスターマインや、4業者が競演して花火の打ち上げを行う「競演幻想花火」などのスターマインを中心に合計で約15000発の花火を打ち上げ、その規模は東北最大級とも言える程の花火大会となっています。

さらには、東北唯一の正三尺玉を2発打ち上げる「超大玉三段打ち」は新潟県の阿部煙火工業が担当していて、尺玉・二尺玉・正三尺玉が次々と打ち上がる迫力あるプログラムとなっています。正三尺玉の打ち上げ時間はミステリーとなっていて、打ち上げ条件が最良となった時点で2回の打ち上げを行うようです。
グランドフィナーレの超ワイド1000mスターマインは、能代の花火で一番のワイド幅を誇る約1000m幅で花火の打ち上げを行い、視界いっぱいに広がる光景は圧巻とも言える程の迫力があります。

観覧場所は?

観覧場所は能代港下浜ふ頭の特設会場で、会場周辺は避難経路になっているため観覧不可、昨年までの屋台エリアが有料自由席となり、今年から観覧会場内が全面的に有料となります。また、昨年までとは特別観覧席のレイアウトが変わりカメラマン席も廃止となってしまったようで、有料自由席に関しては1人1000円となりますが、そちらは立見席となるようです。間近で確実に見たいと言う方は金を惜しまずに有料観覧席を購入した方が無難となりそうです。
打ち上げ場所を挟み、対岸からも花火は見えるので、どうしても無料が良いと思う方はそちらから見てもいいと思います。ただし花火に合わせた音楽は聞こえないかもしれません。

能代の花火 関連動画


動画:2013年 能代の花火 800mフルワイドスターマイン
2013年でも約800mの打ち上げ幅で行われていましたので、現在はこれ以上だと思っていただければ良いと思います。


動画:2013年 能代の花火 尺玉・二尺玉・正三尺玉打ち上げ
この花火が、ミステリータイムで打ち上がります。


2013年 能代の花火 開幕スペシャルワイドスターマイン
比較的空が明るい時間帯から打ち上げを開始いたします。有料席内でも少々人の動きが気になる所。

能代の花火 詳細情報

日時 2018年7月21日
会場 東北地方/秋田県能代市 能代港 下浜ふ頭 特設会場
打ち上げ数 15,000発
最大号数 30号玉
駐車場 無料と有料あり
交通アクセス JR 五能線 能代駅 下車
秋田自動車道 能代南IC,能代東IC

この記事は、昨年実績の内容と発表済みの内容に基づいて執筆しています。駐車場情報や最新の情報は公式ホームページ等をご参照ください。
有料観覧席は、4月10日から発売開始となっていますので、観覧予定がある人はお早めにお求め下さい。

-秋田県の観光情報一覧
-, ,

Copyright© Japan Videography 公式情報サイト , 2019 All Rights Reserved.