東北から九州まで、全国の観光情報や季節のイベント情報を集めた写真と動画による総合情報サイトです。

Japan Videography 公式情報サイト

鳴子峡の紅葉-東北屈指の紅葉名所-宮城県大崎市

宮城県の観光・旅行情報

宮城県内有数の温泉街・鳴子温泉郷の観光スポットを巡る旅

更新日:

宮城県大崎市の鳴子温泉郷の源泉数は370本以上、9種類にも及ぶ豊富な泉質と七色に変化する湯色で有名な東北有数の温泉街で、近隣には観光スポットも多く、特に紅葉の季節は県内外から観光客が訪れる観光名所ともなっています。今回は鳴子温泉郷の観光スポットを巡った記録を記事にいたしました。

宮城県内有数の温泉街・鳴子温泉郷の観光スポットを巡る旅

鳴子温泉郷とは?

宮城県北部の大崎市西部に位置する鳴子温泉郷は、鳴子温泉・川渡温泉・東鳴子温泉・中山平温泉・鬼首温泉の5つの温泉で構成される東北有数の温泉地で、日本にある泉質11種類の中で9種類もの源泉が湧き出し、その源泉数は370本以上にも及びます。その中でも鳴子温泉の湯色は、日によって様々な色に変化する7色の湯が有名で、乳白色や翡翠色・コバルトブルーなど様々な色に変化する湯色からも大自然の神秘を感じます。
先日宿泊した鳴子ホテルで湯色の変化について伺ったのですが、どの色が多いとか特定の日に色が出やすいとかも無く完全にランダムで、何色になるかは来てからのお楽しみであるとの事。私は1年に1度鳴子温泉に行っているのですが、確率的に多いのは何故か翡翠色です。
今回は一年に一度訪れている鳴子温泉郷周辺の観光スポットや温泉街を散策した記録などを記事にしました。

温泉宿やお土産売り場が立ち並ぶ温泉街

宮城県大崎市 鳴子温泉駅

JR陸羽東線 鳴子温泉駅は温泉街の玄関口とも言える駅で、駅舎入口の前には源泉かけ流しの足湯もあり、列車が来る待ち時間の間も温泉街の雰囲気を感じ取る事ができます。駅の構内には観光・旅館案内センターも併設されていて、旅館や観光スポットの案内の他、鳴子温泉の観光地図をイラストで描いたカラコロマップも取り扱っているので、現地に到着した際に立ち寄ってみると観光に必要な情報がここで手に入ります。

宮城県大崎市 鳴子温泉 こけし
鳴子温泉の名産品と言えば「鳴子こけし」ですが、温泉地の土産品として観光客に売られるようになったのが始まりで、その歴史は江戸時代後期にまで遡る歴史と伝統がある木製の工芸品です。福島の土湯温泉や宮城の遠刈田温泉、また青森県にまで広がる「伝統こけし」の系統は全部で10種類程。
その中でも唯一首を回す事が出来る特徴を持つのは全国でも鳴子こけしだけであり、首を回すと「キュッキュッ」と音が鳴るのが特徴です。

宮城県大崎市 鳴子温泉 こけし

こちらが実物大のこけし、本物です!元は幼児用の玩具として発祥したものであるとされている「こけし」ですが、鳴子のこけしは初期の段階から展示用の伝統工芸品として作られたとされていて、立てても安定するように胴体が太く作られているのが特徴です。
他の系統である白石の弥次郎系や遠刈田温泉の遠刈田系は胴体よりも頭の方が大きく、同じこけしでも地域によって形が全く違うのも魅力のひとつです。

宮城県大崎市 冬の鳴子温泉

宮城県は東北でも雪がとても少ない地域で、平野部においてはほとんど積雪が無い地域も多いのですが、鳴子温泉は大崎市でも山沿いの地域であるため比較的雪の多い地域です。温泉街には日帰り入浴も可能な温泉宿や入浴施設、お土産売り場などが立ち並んでいますので、ゆっくりと散策しながら温泉街の雰囲気を感じ取る事ができます。

温泉街から見下ろす雪景色

宮城県大崎市 冬の鳴子温泉 雪景色

うっすらと雪の積もった雪景色がとても美しく、晴れ間が見えると太陽の光に照らされた雪がキラキラと輝いて見えます。撮影したのは2017年の3月でしたが、この時期になると東北の寒い冬は終盤を迎え徐々に降雪量も少なくなっています。

雪の中を走り抜ける陸羽東線

宮城県大崎市 冬の鳴子温泉 雪景色と列車

鳴子温泉には小牛田駅から山形県の新庄までを結ぶ陸羽東線が通っていて、温泉街からも近い場所に駅がある事から、宮城県内どこからでも比較的アクセスの良い温泉街である事も感じられるのではないかと思います。
温泉街から少し登ると高台から一望できる鳴子地区の美しい風景や雪の中を走り抜ける列車も撮影する事が出来ました。

温泉の神を祀る温泉神社

宮城県大崎市 鳴子温泉 温泉神社

千年以上も昔となる835年に鳥屋山の大噴火が起こり、この地で熱湯が噴出した事が始まりとなる歴史を持つ鳴子温泉ですが、837年にこの地で温泉の神を祀って鎮めた事が始まりとなって創建する事となった温泉神社があります。場所は鳴子ホテルの裏側となるので、少々わかりにくいかもしれません。

鳴子温泉ゆめぐり広場

宮城県大崎市 鳴子温泉 ゆめぐり広場

JR陸羽東線 鳴子温泉駅から徒歩1分の場所にある鳴子温泉湯めぐり広場は、足湯やイベント広場があり誰でも自由に入館する事が可能な施設となっていて、冬季にはカラフルなイルミネーションも行われます。

他にも温泉街には魅力的な観光スポットがありますので、観光案内所や温泉宿でも配布しているカラコロマップ等を見ながら散策してみるのがオススメです。

春の鳴子温泉 おおさき鳴子温泉 菜の花フェスティバル

宮城県大崎市のイベント 川渡温泉菜の花フェスティバル

鳴子温泉からも近い川渡温泉入口の江合川河川敷で毎年4月下旬に開催する「おおさき鳴子温泉 菜の花フェスティバル」は、河川敷一面に黄色い絨毯を敷き詰めたかのような美しい花々の景色が楽しめる鳴子温泉 春の風物詩として定着してきたイベントです。

おおさき鳴子温泉 菜の花フェスティバル-川渡温泉|宮城県の花見スポット2018

水の色が7色に変化する鳴子温泉郷の神秘 潟沼

宮城県大崎市 鳴子温泉郷 潟沼

潟沼は鳴子温泉郷の南側にあるカルデラ湖で、日本でも有数となるph2.4の強酸性湖となっています。湖面は天候などの条件によりエメラルドやブルーなど様々な色に変化する幻想的な絶景を楽しむ事が出来ます。

潟沼-水の色が7色に変化する鳴子温泉郷の神秘的な湖沼|宮城県の観光情報

鳴子温泉郷 秋の風物詩 鳴子峡の紅葉

断崖絶壁のV字型峡谷の紅葉が美しい鳴子峡

鳴子温泉の西側にある鳴子峡は、大谷川が侵食して形成された落差が80mから100mもあるV字型の峡谷で、秋には紅葉が美しい県内屈指の絶景スポットとして全国からも観光客が訪れる宮城県内屈指の観光名所となっています。

鳴子峡の紅葉-東北屈指の絶景紅葉スポット|宮城県大崎市の観光情報

鳴子温泉 位置情報

※本記事の情報は現時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は公式ホームページ等でご確認下さい。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

 

-宮城県の観光・旅行情報
-, ,

Copyright© Japan Videography 公式情報サイト , 2019 All Rights Reserved.