東北から九州まで、全国の観光情報や季節のイベント情報を集めた写真と動画による総合情報サイトです。

Japan Videography 公式情報サイト

東京都目黒区のお花見スポット 目黒川の桜並木

花見特集2018

目黒川の桜並木-川を覆い尽くす絶景|東京都のお花見スポット2018

更新日:

目黒川の桜並木は、東京都目黒区を流れる目黒川沿いの約4kmに渡って約800本のソメイヨシノが咲く風景が美しいお花見スポットで、川の両岸から満開のサクラが覆いかぶさるように咲く姿は見事とも言える程の美しく、桜が散り始めると目黒川をピンク色に覆いつくす「花筏」も美しい桜の名所となっています。

目黒川の桜並木~約800本のソメイヨシノが川を覆い尽くす東京都目黒区の桜の名所~

目黒川の桜並木の見どころ

東京都目黒区を流れる目黒川は北沢川と鳥山川の合流地点がある東京都世田谷区が起点となり、目黒区を通って品川区で東京湾に注ぐ全長約8kmほどの二級河川で、春には目黒川沿いの約4kmに渡って約800本のソメイヨシノが咲き誇ります。川の両岸から満開のサクラが覆いかぶさるように咲く姿は見事とも言える程で、夜には提灯によって照らされた夜桜が美しいライトアップも行われ、昼夜問わずたくさんの観光客が訪れる人気のお花見スポットとなります。特に中目黒から池尻大橋までは川幅が狭く、目黒川上に桜の枝が伸びて覆いかぶさるように咲く姿は見事な程で、まるで桜のトンネルのようにも見える美しさが見どころです。
関東地方のお花見スポット 東京都目黒区 目黒川の桜並木
川の水位によっては、水面に桜の花が映り込むようですので、写真やカメラが好きな人はこんな写真も撮ってみるのも良いかもしれません。また、見頃となっていた桜が散り始めると、川に落ちた花びらが、まるで桜の絨毯のように埋め尽くす「花筏」が見れるのも目黒川の桜並木の特徴なのですが、まだ一度も見た事が無いので死ぬまでに一度は見てみたいものです。

満開の時は歩くのが大変な程混雑します。

東京都内ではとても人気があるお花見スポットですので満開時には昼夜問わずとても混雑します。その割に道幅が狭く歩くのも大変だと思う時もありますが、それ程美しいと言われる桜の名所なので、ある程度心の準備は必要です。

混雑しないおススメの時間帯

このページで撮影している写真は、休日に撮影した写真なんですが、早朝6時~9時の間に撮影を済ませています。この時間であれば人は疎らですし、三脚を使おうが何しようが余裕で撮影できますので、天候や光線状態などを気にしなければ、ゆっくりと自分のペースで花見をする人や写真を撮影したいにお勧めの時間帯となります。それ以降は人が増えてきて歩くのも大変でした。
東京都のお花見スポット 目黒川の桜並木

目黒川の噂?

目黒川が臭くて花見どころじゃない!とはたまに聞きますが、通常は臭いって思うような事は無いそうです。
匂いがする時は、生活排水と雨水が流れ込み"水再生センター"で処理しきれなくなった時に発生するとの事ですので、そこまで神経質にはならなくて良さそうです。気になる人は気になるとは思いますが、私みたいにズボラな人は、自然とその環境に慣れるとは思います。

目黒川の桜の開花予想と満開日?

東京都の桜名所 目黒川の桜並木 満開の花びら
開花予想は、2018年3月22日・満開の予想は3月30日頃となっています。
3月中には咲くと思いますので、それまでゆっくりと待つことにしましょう。

車で行く事も可能ですが駐車料金の高い近隣の有料コインパーキングを使用する事になるため、公共の交通機関を使用した方が良いでしょう。

目黒川の桜並木の動画


美しい春の風景 東京都 目黒川の桜並木
2013年に撮影した目黒川の桜並木の動画ですが、早朝に撮影しているので、人がほとんどいない様子が伝わると思います。天気はあまり良くなかったのですが、ちょうど見頃となっていました。

目黒川の桜並木 詳細情報

 

場所 関東地方/東京都目黒区大橋~下目黒
鑑賞時間 24時間(ライトアップ 日没~21時)
駐車場 近隣のコインパーキングのみ
交通アクセス 東急田園都市線「池尻大橋駅」

東急東横線・東京メトロ日比谷線「中目黒駅」

JR・東急目黒線「目黒駅」「不動前駅」

-花見特集2018

Copyright© Japan Videography 公式情報サイト , 2019 All Rights Reserved.