東北から九州まで、全国の観光情報や季節のイベント情報を集めた写真と動画による総合情報サイトです。

Japan Videography 公式情報サイト

Adobe Lightroom 円形フィルターを使用する

Adobe LightroomでRAW現像の基本をマスターする

円形フィルターを使用して被写体を際立たせる-Adobe Lightroom Classic CC

更新日:

Adobe Lightroom CCの部分補正機能である円形フィルターは、円の内側や外側を部分的に明るくしたり暗くする事のできるツールで、被写体を目立たせたり周辺減光のような効果を演出する機能です。今回は円形フィルターの使用方法について説明します。

円形フィルターを使用して被写体を際立たせる

円形フィルターの基本的な使い方

Adobe Lightroom 円形フィルターを使用する

Adobe Lightroom Classic CCの部分補正機能である円形フィルターは、選択領域の中心から円を描いた範囲の中や外側を部分補正できる機能で、上の写真では一見するとどこに円形フィルターを使用しているかわからないようなものですが、一体どこにかけているかわかる人はいるのでしょうか?
答えは下の写真です。

Adibe Lightroom Classic CC 円形フィルターを使用する
Adobe Lightroom Classic CCでRAW現像モジュールの円形フィルターを適用したスクリーンショットですが、上の2箇所の円の部分に適用しています。本来は一つずつしか円を表示できないのですが、比較明合成で2つ同時に表示していますので、効果パネルのスライダーで調整した範囲も2つのカーソルで表示されています。

円形フィルターの操作方法

Adobe Lightroom Classic CC 円形フィルターを適用する

円形フィルターの操作方法は、上の写真赤い矢印の先にある丸いアイコンを左クリックすると、階調・外観パネルが下に下がり円形フィルターの効果パネルが追加されます。

円形フィルターの適用範囲を決定する

Adobe Lightroom 円形フィルターの操作

円形フィルターのアイコンをクリックした後に、現像パネルの画像上で効果を適用したい範囲の中心となる位置を左クリックして、適用したい範囲を広げるようにドラッグします。円は長丸形状になりますが円上の四角いポイントを広げたい範囲までドラッグすると大きくなり、四角いポイントが無いライン上をドラッグすると円自体を回転する事ができます。

Adobe Lightroom 円形フィルターの操作

「選択したマスクオーバーレイを表示」にチェックを入れて赤く表示されている範囲が、円形フィルターの効果が適用される範囲となりますが、効果パネルの下にある「反転」にチェックを入れると内側に効果が適用され、チェックを外すと円の外側に効果が適用されます。

Adobe Lightroom 円形フィルターを使用する

元々は白猫がかなり暗い状態の写真でしたが、周辺を明るくせずに猫の周辺だけを明るくして暗めな雰囲気を損なわないようにしています。それと同時に冷蔵庫に反射している部分も明るくして、言われないと気付かれないぐらいに反射している感じを表現しています。

ブラシを使用して範囲を追加する

Adobe Lightroom ブラシで効果を追加する

右側パネルのマスク 新規 | 編集 | ブラシ と表示されている部分のブラシを左クリックすると、上の画像のように表示されている円の他に、マウスカーソル自体が円となるのでドラッグしながら効果が適用される範囲が追加されていきます。これは、別のページで紹介する補正ブラシの項目でご紹介させていただきます。

まとめ

円を大きくして周辺光量落ちや背景ボカシなど様々なシーンで活用できますので、是非とも実際に使用してみて効果を実感していただければと思います。
ここまでお読みいただきありがとうございました。

-Adobe LightroomでRAW現像の基本をマスターする

Copyright© Japan Videography 公式情報サイト , 2019 All Rights Reserved.