東北から九州まで、全国の観光情報や季節のイベント情報を集めた写真と動画による総合情報サイトです。

Japan Videography 公式情報サイト

Adobe Lightroom 桜のレタッチ完成写真

Adobe LightroomでRAW現像の基本をマスターする

RAW現像 春の桜を美しいピンク色にレタッチ-Adobe Lightroom Classic CC

更新日:

日本の春の風物詩と言えば桜ですが、よく見かけるソメイヨシノは特に白っぽく見える被写体なので、せっかくRAWで撮影したなら花びらがピンク色になるようにadobe Lightroom Crassic CCだけでレタッチしてしまおうというのが今回の企画です。

RAW現像 春の桜を美しいピンク色にレタッチする

画像編集を始める前に

長沼フートピア公園の桜
日本の春の風物詩と言えば桜が有名ですが、せっかく撮影したのに何か物足りなく感じてしまう事もあるのではないでしょうか?今回は桜を美しいピンク色にして春らしい写真に仕上げるレタッチの方法を解説していきます。
まず大前提として適正露出と正しいホワイトバランスで撮影するように心がけましょう。RAWデータの現像である程度は調整できるとしても、極力補正を少なくした方がレタッチした後の写真の品質も良いですし、同じ撮影設定であれば1枚RAW現像した後に、プリセットに保存して他の写真にも同じ設定が使えるようになるので、後々楽になります。
私の場合は、フォーカス以外はマニュアルで撮影をしていますので、同じ設定が続く時は現像時にプリセットに保存した設定を他の写真にも適用しています。それでは以下からレタッチの手順を説明していきましょう。

1,かすみの除去とスポット修正ツールを使用して画像のゴミを除去する

Adobe Lightroom スポット修正ツールとかすみの除去を使用してゴミを除去する
かすみの除去を最大にすると、写真に写ってしまったセンサーゴミが目立ってきますので、スポット修正ツールを使用して一つ一つゴミを取り抜いていきます。この写真では虫がたくさん写っていたため、全て取り抜いていきました。

2.かすみの除去を元に戻してプロファイルとホワイトバランスを調節する

Adobe Lightroom ホワイトバランスとプロファイルを調節する
次のステップで、プロファイルとホワイトバランスを調整しておきます。上のステップのゴミ取り前に一度色温度を合わせているのですが、せっかくなのでもう一度掲載いたします。プロファイルによって微妙に色のバランスが違うので花びらがピンク色になりやすいプロファイルを選択して、色温度を山の雪が綺麗に見える範囲に調整し、空の青を調整する時にヒストグラムのRがGを超えない範囲で色かぶり補正を+に調整していきます。この時にレンズプロファイル補正も設定しておきましょう。

3.階調や外観と一緒にトーンカーブも調整して完成イメージに近づける

Adobe Lightroomの階調や外観を調整する
ヒストグラムを見ながら、階調や外観を調整していきますが、明瞭度はマイナス補正した方が桜花びらの柔らかさを表現できると思います。この時にトーンカーブでも微調整して少しずつイメージ通りに仕上げていきましょう。

4.補正ブラシと範囲マスクを併用して霞んだ空を青くする

Adobe Lightroom 補正ブラシと範囲マスクで空を青くする
晴れているのにクッキリとした青空では無かったので、補正ブラシで空を塗りつぶして範囲マスクのカラーと色域セレクターを使用して、空の青い部分を左クリックしてから桜に範囲マスクが被らない程度に適用量を下げていきます。この作業の際に「選択したマスクオーバーレイを表示」にチェックを入れておかないと範囲がわかりにくいと思います。
露光量などは極力変えずに、明瞭度やかすみの除去をプラスに補正していくと空の青さや雲・山がクッキリとしてくると思います。

5.HSL/カラーを調整して全体の色を整える

Adobe LightroomでHSL/カラーで色を整える
白が綺麗な状態でも花びらが既にピンク色になっていましたので、マゼンタとパープルを調整するだけで花びらがピンク色になりました。他の色もこの時点で微調整しておきます。黄色をマイナスにして青をさらにプラスにいたしました。

6.シャープとノイズ低減を使用してディテールを仕上げる

Adobe Lightroomでディテールを仕上げる
ここまで仕上がれば終わったようなもので、かすみの除去や明瞭度を補正していくとノイズが目立ってきますので、ノイズ低減でザラツキを弱くします。一緒にシャープ感も失われてきますのでシャープも調整してクッキリと仕上げましょう。この時に明瞭度とかすみの除去を強めに適用した空の部分にシャープが適用されない範囲でマスクを調整しています。

7.完成写真

Adobe Lightroom 桜のレタッチ完成写真
元画像から見ても写真の雰囲気がかなり変わったのがわかると思いますが、桜の花びらはピンク色になり青空はかなりクッキリとして明るく爽やかな印象に変わりました。
このようにレタッチを進めていくと、自然なイメージを損なわないまま美しい写真に変身しますので、是非皆様もチャレンジしてみて下さい。

-Adobe LightroomでRAW現像の基本をマスターする

Copyright© Japan Videography 公式情報サイト , 2019 All Rights Reserved.