東北から九州まで、全国の観光情報や季節のイベント情報を集めた写真と動画による総合情報サイトです。

Japan Videography 公式情報サイト

Adobe Lightroom コントラスト

Adobe LightroomでRAW現像の基本をマスターする

RAW現像の基本的な補正方法を学ぶ -Adobe Lightroom Classic CC

更新日:

Adobe LightroomやPhotoshopなどのRAW現像ソフトで基本的な操作となる基本補正を解説。ホワイトバランスや色かぶり補正、コントラストの操作で元の写真がどのように変化するのかを写真やスクリーンショットと共に解説していきます。

RAW現像の基本的な補正方法を学ぶ

RAW現像について

RAWデータとは、撮像素子で記録した生のデータで、カメラ内部で処理したJPEG画像よりも豊富なデータ量で保存されたものであり、8ビットのJPEGであれば各色256階調1677万色で保存されますが、12ビットのRAWでは各色4096階調687億色の豊富な情報量で記録され、その上で一切の処理が行われていないまま保存されているために編集を加えても劣化しにくい特性があります。
RAW現像ソフトは、カメラ内部でいう画像処理エンジンと同じ役目を果たしていますので、JPEG画像にカメラ内部で変換するのか、外部で変換するのかという違いにしか過ぎません。

この記事では、RAW現像の基本的な操作であるAdobe Lightroom Classic CCの基本補正のパネルについて解説します。

基本補正

Adobe Lightroom 基本補正基本補正とは、Adobe Lightroomの右の画像のようなパネルの部分で、色温度や色かぶり補正、露光量の調整など様々な調整を行う事で、撮影したRAWデータを自由自在に補正する事が可能になります。
JPEGよりも耐性はありますがRAWにもやはり限界があり、過度な補正を行うとノイズの出現やトーンジャンプなどの弊害も起きますので、適正な設定で撮影する事が基本となります。
私の場合は、白トビしない範囲で明るめに撮影して編集時に露光量を極力上げないようにしていますが、RAW現像ソフトで暗くするよりも明るくする時の方がノイズが出やすいのと黒つぶれを防止する意味も含めてですので、この辺は人それぞれでも良いと思います。

上の理由の一つとして、ソニーやニコンは白トビに弱く黒つぶれに強いと言われ、キヤノンは逆に黒つぶれに弱く白トビに強いと言われていますので、カメラの特性に合わせた撮影方法は必要でしょう。

それでは、以下の項目から調整方法や変化の仕方などを解説していきます。

 

色表現

Adobe Lightroom 色表現

Lrの基本補正 色表現とは編集をカラーで行うか白黒で行うかの違いで、カラーで撮影していてもRAW現像モジュールで白黒に変更して編集する事が可能となります。

プロファイル

Adobe Lightroom プロファイルAdobe Lightroom 現像モジュール

プロファイルとは、Lightroom7.3以前はキャリブレーションの項目に入っていた機能で、7.3からは基本補正の項目に移動しました。カメラのクリエイティブスタイル等とのマッチングを行ったり、ポートレート向けの色調や風景向けの色調などに色を整えます。
※別ページで解説済
Camera Matchingプロファイル

アーティスティックプロファイル

ビンテージプロファイル

モダンプロファイル

ホワイトバランス(WB)

Adobe Lightroom ホワイトバランス

ホワイトバランスの色温度は全体的な色の偏りを適正な色に合わせる機能で、色温度の数値を低くすると青っぽくなり、逆に高くすると黄色っぽくなり、単位はケルビン(K)で表示されます。

もう一方の色かぶり補正は、+補正で赤くなり -補正で緑色になります。

Adobe lightroom ホワイトバランス選択

上記の2つを組み合わせてホワイトバランスを補正しますが、上の写真の赤丸の部分をクリックして写真のニュートラルカラーを選択すると、一発でホワイトバランスを合わせる事が出来るようになりますが、ほとんどの場合はピッタリと合う事が無いため、手動で追い込んでいく必要があります。

ただし、ディスプレイの調整が出来ている前提での話ですので、キャリブレーション対応モニターかキャリブレーションツールを使用して調整しましょう。

露光量

 

Adobe Lightroom 露光量比較

編集する素材の明るさを変更する項目で、お好みの明るさに調整します。マイナスにすればローキーに、プラス方向にすればハイキーな写真に仕上がりますが、上の比較写真の中で露光量+1.43の部分は飛行機の機体の明るさは丁度良いのですが、雲の立体感が無くなってしまい、逆に-1.0では全体的に暗くなりすぎて空の青さが失われてしまいました。

露光量の調整でヒストグラムの山の形でローキーかハイキーか判断するような記事も時々見かけますが、編集する素材によっては上のような2つの山が出来上がる時がありますので、一概に同じようになるとは限らないと思っていた方がやりやすいと思います。

コントラスト

Adobe Lightroom コントラスト

コントラストを調整する事によって明暗差を大きくしたり小さくする事ができます。
マイナス方向に動かせば明暗差が小さくなり、プラス方向に動かせば明暗差が大きくなりますが、上の写真のコントラスト+85に関してはヒストグラムの▲が白く表示されているのがわかると思います。
これは写真の中の一部が黒つぶれを起こしているという警告となっていて、逆に右側の▲が白く表示されている場合は画像の一部に白飛びがあるという警告となりますので、露光量を上げるかコントラストを下げたりして表示が消えるように調整します。

長くなりましたので、今回はここまで!
次回は、基本補正の白レベルや黒レベル・シャドウとハイライトの違いについて解説いたします。
お楽しみに☆

-Adobe LightroomでRAW現像の基本をマスターする

Copyright© Japan Videography 公式情報サイト , 2019 All Rights Reserved.