東北から九州まで、全国の観光情報や季節のイベント情報を集めた写真と動画による総合情報サイトです。

Japan Videography 公式情報サイト

長沼フートピア公園の桜

Adobe LightroomでRAW現像の基本をマスターする

個別に色を調整するHSL/カラーパネルの使用方法-Adobe Lightroom Classic CC

更新日:

Adobe Lightroom CCでRAWデータを現像している時に色のバランスが悪かったり特定の色だけが濃くて悩んでしまう事は無いでしょうか?そんな時に使用するのがHSL/カラーパネルで、どのような操作をして色の変化させるかを、この記事で解説します。

個別に色を調整するHSL/カラーパネルの使用方法

HSL/カラーパネルとは?

Adobe Lightroom HSLパネル

Adobe Lightroom Classic CCの現像パネルの右側、トーンカーブの下にある項目で、8色に分けられたスライダーと3つの調整項目があり、このスライダーを左右に動かすことによって特定の色を調整できる素晴らしい機能です。
Adobe Lightroom Classic CC HSL/カラーパネル

ライトルームの現像パネルからHSL/カラーを拡大したものが上の画像で、上から順番にレッド・オレンジ・グリーン・アクア・ブルー・パープル・マゼンタと並んでいて、それぞれ色相・彩度・輝度の各項目で調整できるようになっています。この機能をどのようなシーンで使用していくのかは、下の項目で説明します。

HSLスライダーで特定の色の色相を変化させる

HSL/カラースライダーの色相を動かすと、特定の色を変化させられるようになるのですが、どこからどこまでの範囲に効果を与えるかは「下のカラーチャート画像で検証してみます。

Adobe Lightroom レッドの色相を変更する

レッドの色相を思い切って-100にすると赤系の色がマゼンタ寄りの色になりますが、オレンジ色やブラウンも変化しているので、赤交じりの広い範囲で色相が変化しているのがわかります。

 

Adobe Lightroom オレンジの色相を変更する

オレンジの色相を-100にすると、赤やオレンジの色相が変化していきますが、ここで意外だったのが黄色まで微妙に変化している事でした。純粋な黄色ではなく少しオレンジ寄りではあったのですが、ここまで変化があったのは予想外です。

 

Adobe Lightroom イエローの色相を変更する

こちらがイエローの色相-100で、黄色やライムグリーンが特に大きく変化しているのですが、薄いオレンジ色も色相の変化が見られます。これはライムグリーンと薄いオレンジ色が黄色寄りの色であった事から色の変化があったのではないかと思います。

 

Adobe Lightroom グリーンの色相を変更する

グリーンの色相を-100に調整すると、緑色が含まれる色が黄色っぽく変化します。ここで意外な変化したのはライムグリーンで、イエローの色相を変化させた時と同様の変化を見せたのは予想外でした。

 

Adobe Lightroom アクアの色相を変更する

アクアの色相を変化させてもアクアしか動きませんでした。グリーンやブルーの中間の色ですが動く範囲はとても狭いようです。

 

Adobe Lightroom ブルーの色相を変更する

ブルーの色相は青に近い色が変化しているのですが、中にはパープルやパープルに近い色も変化しているので広範囲で色相を変化させているようです。

 

Adobe Lightroom パープルの色相を変更する

パープルは紫色だけが変化すると思ったのですが、想定外とも言うべきか、青まで変化しているようです。青と言っても紫色寄りではあったのですが、ここまで動いてしまうとLightroomの挙動が全く読めません。

 

Adobe Lightroom マゼンタの色相を変更する

マゼンタの色相を-100にした時は、マゼンタのみがそのまま変化して他の色に影響は与えていないようです。

 

ここまでの検証結果では、全く範囲が読めないと言った所で、パープルを変化させたい時にブルーまで動いてしまうようになると少々厄介になると感じました。
ちなみに、ブルーをパープルに色相を変えて、追加でパープルの色相を動かしても作用するのはあくまでも元の色のみとなっていましたので、色温度や色かぶりと組み合わせれば色が変わる範囲を操作できるようになりそうです。

 

HSLスライダーで特定の色の彩度を変化させる

 

Adobe Lightroom グリーンの彩度を変更する

HSL/カラーの彩度が作用する範囲は色相の時と全く同じとなるので、グリーンの彩度を上げた場合で簡単に説明させていただきますが、この場合は緑やそれに近い色が鮮やかになっていますので、外観の彩度と自然な彩度を調整した時に緑色が薄かったり、逆に鮮やかすぎたりした場合にスライダーを左右に動かして調整します。

HSLスライダーで特定の色の輝度を変化させる

Adobe Lightroom ブルーの彩度を変更する

輝度も色相の時と同じ色に作用して特定の色の明るさを変更いたします。空の色が明るすぎて青さが表現できなかった場合や、西日の光が強すぎて全体的に黄色が明るくなりすぎてしまった場合など組み合わせ方で様々な調整を行えるようになります。

HSL/カラーを使用した作例

長沼フートピア公園の桜

左が元画像で右がHSL/カラーで調整した画像です。
散り始めだったので全体的にピンク色となっているのですが、マゼンタとパープルの彩度と色相を変えて桜の花びらを強調し、ブルーの彩度を上げて空の青さも強調、他にイエローやグリーンの彩度や輝度を変更して芝生の緑色も強調しています。
組み合わせれば色々な表現ができますので、是非チャレンジしてみて下さい。

-Adobe LightroomでRAW現像の基本をマスターする

Copyright© Japan Videography 公式情報サイト , 2019 All Rights Reserved.