東北から九州まで、全国の観光情報や季節のイベント情報を集めた写真と動画による総合情報サイトです。

Japan Videography 公式情報サイト

Adobe Lightroom レンズ補正と変形機能を活用する

Adobe LightroomでRAW現像の基本をマスターする

レンズ補正と変形を使いこなして歪みのない写真に仕上げる-Adobe Lightroom Classic CC

更新日:

Adobe Lightroom CCの標準機能であるレンズ補正と変形をご紹介。レンズ特有のゆがみや写真の端が暗くなってしまった時に補正してRAWデータを自然な写真に仕上げる機能や、変形機能を使用して水平垂直の補正するLightroom Upright toolをご紹介します。

レンズ補正と変形を使いこなして歪みのない写真に仕上げる

レンズ補正を使用してゆがみや色収差を除去する

プロファイル補正

Adobe Lightroom レンズ補正 Adobe Lightroom レンズ補正
レンズ補正のプロファイル補正は、レンズ特有のゆがみを補正して被写体本来の姿に近づける機能で、RAWデータであればカメラのEXIF情報(Exchangeable image file format)からレンズ情報を読み込んでワンタッチで補正する事ができます。上の写真は、Sony α7SにマウントアダプターLA-EA4を使用してSonyのAマウントレンズSAL1635Zを使用して撮影した写真ですが、アダプターを介していてもLightroomでは正しい情報を読み込めました。
写真の右半分が補正前、左側が補正後の写真なのですが、全体的にはっきりとわかるのは空の青さでしょう。これは周辺光量補正の効果で露出の明暗差を均一にした事で全体的に明るくなっているように見えますが、中心部分の明るさに関してはほとんど変化がありません。ただし、標準的なレンズの特性を補正する機能ですので、カメラとレンズの組み合わせによって違いが出る事もあるため、その場合は操作パネルの補正量・周辺光量補正のスライダーを左右に動かすことによって手動で補正する事も可能です。

色収差を除去

Adobe lightroom 色収差補正
ここまで派手に色収差を出すレンズも今はほとんど無いのですが、色収差とは上の写真のように色がズレてしまう事で、これを修正したい場合に使用します。
前述の通りに使用したレンズは色収差が発生しないため、Photoshopでわざと色をずらして掲載いたしました。過去にヤフオクなどで売られている安いテレコンバーターレンズを使用した時に、これに近い色収差を出した事があるのですが、ほとんどの場合はここまで出す事はありません。Lightroomの色収差の除去は、上のような色のズレを修正したい場合に使用します。

手動で補正する

Adobe Lightroom レンズ補正 手動で補正する
こちらでは、手動でゆがみの補正やフリンジ軽減・周辺光量補正が操作できます。
プロファイル補正を使用していれば、まず使用する事の無い項目ですが、わずかながらパープルフリンジが発生しておりました。白い部分が紫がかっている感じがする程度でほとんどわからなかったのですが、写真に出現しているフリンジの色相を指定して、どのぐらい適用させて軽減するかを上のスライダーを動かして調整します。

変形 Upright toolで水平垂直を修正する

Adobe Lightroom 変形 Upright tool Adobe lightroom Upright tool
Adobe Lightroomの変形 Upright Toolは、写真の水平垂直を補正して真っ直ぐに見えるようにする機能で、歪みを修正し正面から撮影したように見せかける機能です。この機能がどのように作用するか以下の項目で比較してみましょう。

Upright 自動補正

Adobe Lightroom Upright 自動
Uprightの自動をクリックした場合は、全てを自動で補正いたします。この場合はお寺の門が垂直になったような気がしますが全体的に傾きが発生してしまいました。

Upright 水平

Adobe Lightroom Upright 水平
水平方向を自動で修正する機能で、ほとんど傾きが無いと思った写真でもぴったりと水平を合わせてくれます。素材によっては正しく補正されない時もあるのでご注意を。

Upright 垂直

Adobe Lightroom Upright 垂直
垂直方向の傾きやゆがみを修正します。この場合は五重塔が真っ直ぐ垂直に立っているのがわかると思いますが、Uprightは角度だけではなく歪みも補正してくれているのがわかると思います。ただ、門の形が頭でっかちな印象になってしまいました。

Upright Full

Adobe Lightroom Upright フル
Uprightのフルは、全ての歪みや傾きを修正して正面から見たような写真に修整してくれます。
この項目に関しては、私も特に使用する事もなく、逆に違和感が出てしまう機能だとは思いました。使用するなら水平だけにとどめておいた方が良さそうです。

 

-Adobe LightroomでRAW現像の基本をマスターする

Copyright© Japan Videography 公式情報サイト , 2019 All Rights Reserved.