宮城県の花の絶景 金蛇水神社 九龍の藤

宮城県の観光・旅行情報

金蛇水神社 花まつり 見頃を迎えた九竜の藤

更新日:

毎年5月に宮城県岩沼市の金蛇水神社で開催する「花まつり」です。境内入り口にある樹齢300年にもなる「九龍の藤」や向かい側の牡丹園では1300株100種の牡丹が咲き揃い、参拝者だけではなく大勢の観光客も訪れる程の人気の花の名所となっています。

金蛇水神社 花まつり

金蛇水神社とは?

宮城県岩沼市の金蛇水神社の風景
宮城県岩沼市に鎮座する金蛇水神社は、山から仙台平野に流れる金蛇沢の出口に水神を祀ったものとされ、平安時代の刀工で山城国(現在の京都府)の三条に住んでいた三条小鍛治宗近が、一条天皇の御佩刀を鍛えよとの勅命を受けて名水を求めて水神宮のあるこの地に辿り着いたとされています。
水神宮に祈願し刀を鍛え始めたが蛙の鳴き声で精神統一ができなかった事で、良い刀が打てずに困り果てていました。ところが、自身のお姿を作って田に放った所、カエルの鳴き声がピタリと鳴き止んだとされ、これを御神体と崇め、金蛇水神社となったそうです。

金蛇水神社の御利益

金運アップ!宮城県岩沼市 金蛇水神社 蛇紋石(蛇石)
金蛇水神社では、古くからこの地に祭られている金蛇大神が御祭神となり、古来から商売繁盛・金運円満の神として崇められ、実業家や経営者などからの信仰が根強いそうです。
本殿に向かって左側に並んでいる「蛇紋(じゃもん)石」から気になった石に財布や通帳で撫でる事で、金運上昇・商売繁盛の願いが叶うとされています。
パワーストーンを選ぶ時と全く一緒で、パッと見て気になった石が自分に合った石だという直感が湧けば、間違いなく自分に合った石です。

金蛇水神社 花まつり

九龍の藤

宮城県の花の絶景 金蛇水神社 九龍の藤
▲金蛇水神社の正面鳥居をくぐると目の前に広がる藤棚は約100平方メートルほどの広さがあり、樹齢300年にもなる九龍の藤が空を埋め尽くすかのように見事な花を咲かせます。

金蛇水神社 九龍の藤-宮城県岩沼市の花の名所
九龍の藤とは、1本の株から9本に枝分かれしている姿から名付けられていて、毎年5月中旬には美しい紫色の花々が見頃を迎え境内に甘い香りが漂います。

金蛇水神社 九龍の藤の花々-宮城県の観光名所
▲撮影時は開花した直後でもあったので、まだ咲いてない花もありましたが、それでもボリューム感のある見事な花を鑑賞する事ができました。
また、藤が咲くころには花蜂が飛んでいる事がありますが、危害を加えなければ刺す事は無いとの事で、張り紙もされています。

牡丹園

金蛇水神社の藤と牡丹園 - 宮城県 5月の花
▲金蛇水神社の東側には牡丹園があり、約3300平方メートルの広大な敷地の中に100種類1300株にもなる色とりどりの牡丹の花々が咲き誇ります。
この姿は2018年で見納めとなり、2019年には牡丹園の規模を縮小して参拝者休憩所の建て替えなど、外苑の整備事業が計画されています。

金蛇水神社の牡丹園-宮城県の観光スポット

▲牡丹園には牡丹の花だけではなく、ツツジの花も咲き花まつり開催期間中は大勢の観光客や参拝者で賑わいます。観覧料は200円ですが入口左側の箱にお金を投入し、自由に出入りが可能です。
2019年は整備事業による規模縮小のために、無料開放となっていました。

インバウンドでの外国人旅行者も増えて、大勢の観光客が訪れるようになり現状では手狭になってきているように思えますので、譲り合って花を鑑賞した方がトラブルもなく気持ちよく観光できるかもしれませんね。
境内側の駐車場は平日でも長い列が出来て、長いと空き待ちに1時間ぐらいかかる事もあります。花まつり期間中は、ハナトピア岩沼近くの臨時駐車場を利用した方がスムーズに入れます。

金蛇水神社 花まつり 関連動画


[4K]Kanahebisui Shrine 金蛇水神社 花まつり 九竜の藤 宮城県岩沼市 花の名所 wisteria Flower Festival in Miyagi Japan
2019年撮影の九竜の藤です。牡丹園は規模縮小となったので、未収録とさせていただきました。


2013年 金蛇水神社 花まつり 九龍の藤と牡丹園

金蛇水神社 花まつり 詳細情報

住所 東北地方/宮城県岩沼市三色吉水神 金蛇水神社
期間 毎年5月中旬頃
駐車場 無料駐車場あり
交通アクセス JR東北本線 岩沼駅から徒歩40分(約3km)
JR東北本線 岩沼駅から車で9分
東北自動車道 村田ICから車で27分
仙台東部道路 岩沼ICから車で14分
入園料 200円(牡丹園)

-宮城県の観光・旅行情報
-, , ,

Copyright© Japan Videography Express , 2019 All Rights Reserved.