東北から九州まで、全国の観光情報や季節のイベント情報を集めた写真と動画による総合情報サイトです。

Japan Videography 公式情報サイト

新緑が美しい風景 鳳鳴四十八滝(宮城県)

宮城県の観光・旅行情報

鳳鳴四十八滝と広瀬川の新緑が美しい東北の風景 | 宮城県の観光・旅行情報

更新日:

宮城県仙台市青葉区作並の新緑の風景 広瀬川上流に位置する鳳鳴四十八滝(ほうめいしじゅうはちたき)は、落差25メートル、幅が10メートルあり、水の流れる音が鳳凰の鳴き声に聞こえる事から名付けられたという伝説のある滝です。

自然の風景 新緑の鳳鳴四十八滝と広瀬川

はじめに

桜の花が散り季節は初夏へと移り変わると、川には透明感のある雪解け水が流れ、山や森の木々が芽吹き、みずみずしく鮮やかな緑色の葉が茂り出します。この時期に眺める自然の風景は春や秋とは違った魅力的で美しい景色が広がっています。

鳳鳴四十八滝とは?

鳳鳴四十八滝(ほうめいしじゅうはちたき)は、宮城県仙台市の中心部から国道48号線を山形方面に向かう20Kmの地点に位置し、仙台ハイランド(閉園)へ向かう道路を通りすぎたあたりの広瀬川上流部にある滝で、駐車場に車を止めて徒歩3分程の場所にあります。
この滝には、全部で落差が25メートル、幅が10メートルにもなる大小無数の滝が折り重なっており、それぞれ違った水音を出す姿が伝説の鳥「鳳凰」の鳴き声に似ているとして鳳鳴四十八滝と名付けられたと言い伝えられています。
現在は、そのような音を出していなかったのですが、水が流れる事によって浸食を繰り返し、次第に鳳凰の鳴き声のような音を出さなくなったのかもしれません。
宮城県仙台市 鳳鳴四十八滝
新緑が美しい事から、仙台市 緑の名所100選にも選ばれていますが、水量によって滝の形が様々な姿で魅了してくれる所も鳳鳴四十八滝の魅力とも言えます。
鳳鳴四十八滝と新緑の風景

新緑の広瀬川

新緑の美しい広瀬川
鳳鳴四十八滝の下流側にはV字型に深く切れ込んだ形状の渓谷と穏やかに流れる広瀬川の景色が美しく、雪景色や紅葉の美しさは言うまでも無いですが、新緑のみずみずしさ溢れる風景も魅力的です。

鳳鳴四十八滝 雪景色が美しい冬の作並と広瀬川の風景|宮城県の観光情報

鳳鳴四十八滝 詳細情報

住所 東北地方/宮城県仙台市青葉区作並棒目木
時間 24時間
駐車場 あり
交通アクセス 仙台市中心部から国道48号線を通り車で35分

 

-宮城県の観光・旅行情報
-, ,

Copyright© Japan Videography 公式情報サイト , 2019 All Rights Reserved.