東北から九州まで、全国の観光情報や季節のイベント情報を集めた写真と動画による総合情報サイトです。

Japan Videography 公式情報サイト

カメラ機材情報

Photoshopのハイパスフィルターを使ってシャープ感のある写真にレタッチ!

更新日:

写真編集ソフト Adobe Photoshopのハイパスフィルターを使用して、解像感の無いボヤけた写真をとても簡単にクッキリとしたシャープな写真にレタッチするRAW現像テクニックをご紹介します。

Photoshopのハイパスフィルターを使ってシャープ感のある写真にレタッチする

ハイパスフィルターとは?

Adobe Photoshopのハイパスは、オーバーレイでハイパスフィルターを適用したレイヤーを重ねる事によって写真のディテールをクッキリと際立たせる事が出来る機能で、ぼやけた写真もシャープな画像に仕上げる事ができる素晴らしい機能です。
ハイパスのみを適用した写真がこちら。

Adobe Photoshop ハイパスフィルター

画像全体がニュートラルグレーになって、かすかに被写体のディテールが浮き出ているようにも見えるのですが、単一周波数から低周波情報を除去して高周波のみを透過させるフィルターであるようです。
実際の所は、どんな仕組みでこうなっているのかはわかりませんが、この画像をオーバーレイで重ねる事によって写真のディテールがクッキリとするという仕組みになっています。
この機能をどのように使用するかは、これから解説していきます。

手順1 LightroomからPhotoshopに画像を送る

Adobe LightroomからPhotoshopに画像を送る

PSDやTIFFで一旦保存しても良いのですが、余計なデータを増やさなくて済むのがLightroomの写真→他のツールで編集→Adobe Photoshop CC 201Xで編集をクリックまたはショートカットキー(Ctrl+E)で先に進みます。

Adobe LightroomからPhotoshopに画像を送る

上の操作を行うと、自動的にAdobe Photoshopが立ち上がりますが、スペックの低いPCを使用していると時々エラーを起こして立ち上がらない時がありましたので、予めPhotoshopは先に立ち上げておいた方が良いでしょう。

手順2 Photoshopに読み込ませたレイヤーを複製する

Adobe Photoshop レイヤーをコピーする

Adobe Photoshopに読み込ませたレイヤーを複製します。上の画像のワークスペースではレイヤー0になっていますが、読み込ませたままでは背景となりますので、ハイパスフィルターを使用して完結する場合は背景のままでも構いません。
この段階までにノイズの除去や細部の仕上げを行っておかないと、ノイズのディテールまでクッキリとさせてしまう事で写真の粗さが目立ってしまいますので気を付けて下さい。

Adobe Photoshop レイヤーをコピーする

複製をすると、レイヤー0レイヤー0のコピーの2つのレイヤーが表示されます。この段階では、レイヤー0の上に全く同じ画像が重なっているだけなので、表示されている画像自体の見た目は何も変わりません。

手順3 描画モードをオーバーレイにしてハイパスを適用する

Adobe Photoshop 描写モードをオーバーレイにする

レイヤー0のコピーの上に表示されている通常という項目をオーバーレイに変更すると、画像全体のコントラストが高く表示されます。レイヤー0のコピーを消すか非表示にすれば元に戻せるのでこの段階では後戻りも出来るので心配ありません。

Adobe Photoshop レイヤー0のコピーにハイパスを適用する

レイヤー0のコピーハイパスを適用します。Photoshopのワークスペースでフィルター→その他→ハイパスと進めて行くと上の画像のような画面に変わりますが、最大でも適用する半径は5.0Pixelまでにしておいた方が良いでしょう。私の場合は通常3.0~4.0Pixelぐらいで、あまりシャープ感を出したくない場合は1.5~2.5Pixelぐらいで調整しています。

Adobe Photoshop ハイパスフィルターを適用した写真

ハイパスを適用した右側の方がクッキリとしてシャープな画像に仕上がっているのがわかると思います。
木の幹や葉の一枚一枚をクッキリとさせたい時には、とても重宝する素晴らしい機能でしょう。
個人的にはシャープやアンシャープマスクをかけるよりも質感が硬くなりすぎず、自然な雰囲気を残したままに写真全体のシャープ感が増しているようにも感じますので、ほぼ全ての写真に使用しております。

多少のピンボケには対応できますが、過度なピンボケには全く効果がありませんので、注意しましょう!

-カメラ機材情報

Copyright© Japan Videography 公式情報サイト , 2019 All Rights Reserved.