福島県 五色沼の絶景 コバルトブルーが美しい弁天沼

福島県の観光・旅行情報

五色沼の風景-神秘的な湖沼群と紅葉が織りなす絶景|福島県の観光情報

更新日:

福島県耶麻郡北塩原村の五色沼は、日本百名山の一つとされる磐梯山の北麓に位置する裏磐梯と呼ばれる地域にあり、大小30余りの小沼群で構成される五色沼は、エメラルドグリーンやコバルトブルーなどの湖面が神秘的と言える程の美しさで、誰でも気軽に絶景を楽しめるように五色沼自然探勝路が整備されています。

五色沼の風景~神秘的な美しさの湖沼群と紅葉が織りなす絶景

 

自然が作り上げた神秘的な光景である五色沼の由来とは?

五色沼は、明治21年(1888年)に磐梯山が噴火した際に北側の小磐梯が山体崩落を起こして川をせき止め、秋元湖や小野川湖、桧原湖と共に約300の湖沼が形成された事が始まりとなり、その間に挟まれるように形成された約30の湖沼が五色沼と呼ばれるようになりました。
由来としては、火山性の水質、植物や水中の藻などの影響によって様々な色彩を見せる事から五色沼と呼ばれるようになり、その色は、天候や見る角度と共に水中の火山性物質の量によっても変化するもので、エメラルドグリーンやコバルトブルー、パステルブルーなど、自然が作り上げたとは思えない程に神秘的な色彩で楽しませてきれます。

五色沼の景色を楽しむ事ができる約3.6kmの五色沼自然探勝路

福島県の絶景 五色沼自然探勝路の地図

約30の湖沼群で形成される五色沼ですが、観光用に自然探勝路が整備されているのは毘沙門沼から柳沼までの約3.6kmの区間で、9つの湖沼を約1時間10分から1時間30分で回る事ができる比較的平坦なハイキングコースとなっています。

五色沼自然探勝路は、桧原湖側の裏磐梯物産館か反対側の裏磐梯ビジターセンターの両方に入口があり、どちら側にも駐車場と路線バスの停留所があるため、片道を徒歩で進み、帰りは路線バスを利用してスタート地点に戻る事も可能ですので帰りの心配をする必要はありません。

※オレンジのラインが自然探勝路

五色沼は桧原湖側から、柳沼→母沼→青沼→るり沼→弁天沼→竜沼→みどろ沼→赤沼→毘沙門沼の順に並んでいて、比較的平坦とは書いていましたが、所々足場が悪い場所もあるのでそこだけ気を付ければ大丈夫だとは思います。

季節を問わず美しい五色沼は紅葉も美しい!

五色沼は湖面の美しさが見どころの観光スポットですが、秋になると紅葉も美しく赤や黄色に染まった木々と神秘的な湖面とのコントラストがとても美しく、大勢の観光客で賑わいます。

柳沼の紅葉

福島県の絶景 五色沼・柳沼の紅葉

桧原湖側の裏磐梯物産館の裏にある柳沼は湖面に映り込む木々が美しいので、無風の時に行くのが特にオススメです。

コバルトブルーが美しい弁天沼

福島県 五色沼の絶景 コバルトブルーが美しい弁天沼

弁天沼は毘沙門沼に次いで二番目に大きな沼で、コバルトブルーの湖面が美しい絶景スポットとなっています。針葉樹が多いために紅葉は少ないのですが水の色がとても美しいので思わず声を上げてしまいそうになるでしょう。

紅葉が美しい五色沼で最大の沼、毘沙門沼

福島県 五色沼の絶景 紅葉が美しい毘沙門沼

桧原湖側から進めば最終地点となる毘沙門沼は、紅葉と水面のエメラルドグリーンとのコントラストが映える絶好のフォトスポットとなっていて、有料となりますが手漕ぎボートをレンタルして毘沙門沼の景色を楽しむ事も可能となっています。

他にも写真があったのですがハードディスクのデータを飛ばしてしまい、数少ない写真となってしまいました・・。続きは動画で楽しんでいただきたいと思います。

五色沼の動画


東北の美しい秋の風景 福島県 紅葉の五色沼

2014年の紅葉と五色沼の映像で、五色沼自然探勝路の全てを撮影しました。

撮影機材:Sony α7S


コバルトブルーが美しい 絶景の五色沼

2012年の真夏に撮影した映像となりますが、全ての沼が濃いパステルカラーに染まっていましたので、見応えのある美しい風景が楽しめる動画となっています。

五色沼 詳細情報

住所 東北地方/福島県耶麻郡北塩原村
期間 1年中(紅葉は10月中旬から11月上旬頃)
時間 24時間
駐車場 無料
交通アクセス 磐越自動車道 猪苗代磐梯高原ICから車で22分

-福島県の観光・旅行情報
-, ,

Copyright© Japan Videography Express , 2019 All Rights Reserved.