東北から九州まで、全国の観光情報や季節のイベント情報を集めた写真と動画による総合情報サイトです。

Japan Videography 公式情報サイト

山形県尾花沢市の温泉宿 銀山温泉の夜景 旅館 永澤平八

山形県の観光・旅行情報

銀山温泉-ノスタルジックな街並みが美しい風景|山形県の観光情報

更新日:

山形県尾花沢市の銀山温泉は、銀山川を挟んだ両岸に、大正から昭和初期にかけて建築した木造三層四層の旅館が立ち並ぶノスタルジックな風景が美しい温泉街で、まるで千と千尋の神隠しのような世界を楽しむ事ができます。日が暮れて夜になると街にガス灯が灯りロマンチックな夜景を楽しみながら散策もできる人気の観光スポットにもなっています。

銀山温泉~大正ロマン漂う湯の街・ノスタルジックな町並みの美しい風景

大正時代から昭和初期に建築した旅館が立ち並ぶ銀山温泉

山形県尾花沢市の温泉宿 銀山温泉の美しい風景
銀山温泉は、山形県尾花沢市の市街地から14kmほど離れた銀山川ダムの上流にある温泉街で、銀山川を挟んだ両岸に大正時代から昭和初期に建造された洋風木造多層の旅館が軒を並べていて、大正ロマン漂う光景が美しいとして人気の観光スポットともなっています。
かつて江戸時代から大銀山として栄えた「延沢銀山」があった地で、島根の石見や兵庫の生野と共に日本三大銀山と呼ばれていましたが、徐々に銀の採掘量も減る一方で、元禄2年(1689年)に大崩落が起こり廃山となりました。
それと入れ替わるように鉱夫が銀山川の中から温泉が湧き出ている事を発見した事から温泉湯治が盛んになり、閉山後は徐々に温泉宿が建造されて湯治場として賑わうようになりましたが、大正2年(1913年)に大洪水が起こり銀山温泉は一度、壊滅状態となります。
壊滅状態となった温泉街は、昭和元年(1926年)のボーリングによって大量の湯が湧き出した事から、湯治場としての賑わいを再び取り戻して、現在も銀山川の両岸に立ち並んでいる温泉宿が建造される事となりました。

千と千尋の神隠しの舞台にはなっていなかったらしい

山形県の温泉宿 銀山温泉 湯元 能登屋旅館
宮城県の鎌先温泉や群馬の四万温泉、長野の渋温泉、鳥取の羽合温泉と共に、銀山温泉もジブリ映画の「千と千尋の神隠し」のモデルにもなった温泉街として知られていましたが、スタジオジブリの宮崎駿監督が「特定のモデルはない」と発表した事から、いずれの温泉街もモデルにはなっていなかった事がわかりました。しかし、作品の舞台として「江戸東京たてもの園」を提案した事から、銀山温泉の宿が建てられた時と同時期である大正時代から昭和初期の建物がモデルになっているようですので、映画そのものの雰囲気は感じられるとは思います。

夜の温泉街もノスタルジックな街並みを楽しめます。

銀山温泉の夜景 旅館 永澤平八
銀山温泉の風景は日が暮れるとガラッと変わり、橋の上に建てられているガス灯と共に、大正時代から昭和初期にタイムスリップしたかのような、大正ロマンあふれるノスタルジックな美しい街並みの夜景を堪能する事ができます。

銀山川にかかる橋と銀山温泉の夜景
銀山温泉の温泉街は宿泊施設がほとんどですが、日帰り入浴が可能な共同浴場「しろがね湯(白銀湯)」「おもかげ湯」がありますので、営業時間内(17:00まで)であればいつでも入浴が可能です。
しろがね湯は8:00~17:00の営業ですが、おもかげ湯は貸し切り家族風呂となっていて受付も必要になりますので、いずれも公式サイトや現地でご確認下さい。
もう一軒の「かじか湯」は取り壊しとなったようです。(2018年9月11日に確認)

銀山温泉の夜景動画(4K&HD)


[4K]大正ロマンの風景 山形・銀山温泉の夜景
Youtubeにアップした最新の映像で、3軸ジンバルを使用して銀山温泉の温泉街を散歩しているような感覚になれるような動画に編集いたしました。
撮影機材:Sony α7S+ATOMOS NINJA FLAME Feiyu Tech α2000


[HD]大正ロマン漂う美しい夜の風景 山形県 銀山温泉
2014年に撮影
撮影機材:Sony α7S


[HD]日本の美しい風景と夜景 大正ロマンの湯の街 山形 銀山温泉
2012年に撮影。
撮影機材:Canon XA10

山形県 銀山温泉 詳細情報

所在地 東北地方/山形県尾花沢市銀山新畑
時間 24時間
駐車場 無料/宿泊者以外は日帰り用の駐車場を利用
交通アクセス はながさバス銀山線 大石田駅-銀山温泉(時間は要確認)

-山形県の観光・旅行情報
-, ,

Copyright© Japan Videography 公式情報サイト , 2019 All Rights Reserved.