厳美渓(げんびけい)|空飛ぶだんごやダイナミックな景観が楽しめる観光名所|岩手県一関市

岩手県一関市の観光名所 厳美渓

岩手県一関市にある観光名所・厳美渓(げんびけい)の風景です。栗駒山から一関市を流れる磐井川の侵食によって形成された厳美渓は、岩肌の姿や形を変化させながら全長2kmにわたってダイナミックな景観が続き、エメラルドグリーンやパステルブルーの水流や木々の美しさと共に、四季折々の美しい絶景を楽しめます。

パステルブルーの水流が美しい厳美渓の風景

厳美渓の見どころ

岩手県一関市の観光名所 厳美渓
岩手県一関市の厳美渓は、対岸にある団子屋さんからワイヤーを伝って籠に入った団子が空を飛んでくるように運ばれてくる観光名所として一躍有名になりましたが、大昔には磐井川の侵食によって形成された渓谷の美しさを見た、仙台藩主の伊達政宗が「松島と厳美がわが領地の二大景勝地なり」と称賛し、何度も訪れる程の美しさを誇る景勝地としても知られています。
その渓谷美は姿や形を変えながら全長2kmも続き、エメラルドグリーンやパステルブルーなどに色づいた美しい水流と共に自然が作り上げてきた絶景を観賞する事ができます。

厳美渓名物の空飛ぶ団子
「空飛ぶ団子」は対岸の団子屋さんから手前の休憩所まで張られているワイヤーを伝って運ばれてきます。
籠の中に料金を入れて手前にある板をハンマーで叩くと対岸の「郭公屋」の店員が引っ張り上げ、しばらくすると籠に入った団子とお茶が空を飛ぶように運ばれてきます。
お茶がこぼれない仕組みは、長年積み重ねた経験の中で作り上げて来たそうです。
今回訪れたのは、観光客が一人も来ていない早朝だったために団子が空を飛んで来る様子を見る事はできませんでしたが、一度この目で見てみたいものですね。

天工橋から眺める厳美渓の風景
一番の絶景ポイントである天工橋から眺める上流側の風景です。
奇岩怪岩がほぼ直線的に続き、美しい水流と共に厳美渓の美しさを最も強く感じられる場所で、橋の上は歩道も整備されているので通行する車を気にせずに眼下に広がる渓谷を眺めている事ができます。
上流側にはもう一つ橋が架けられているのですが、2019年5月の時点では工事中のため、残念ながら車両や歩行者共に通行止めとなっていました。

厳美渓の美しい風景 上流側
道中は歩道が無いため、通行する自動車への注意は必要となりますが、上流側に向かっていくと岩肌の荒々しさは無くなり、木々の新緑と共に穏やかさを感じられる景色も眺められます。

新緑の厳美渓と栗駒山
奥に見える山は栗駒山でしょうか?残雪が残る山と厳美渓の風景がとても美しい場所でした。
この先も進もうと思えば行けるのですが、元の場所に戻る事を考えるとここまでにしておいた方が良いと思いましたが、ここは新しい道路を作るときに残された旧道っぽい場所が目印となっています。

厳美渓の吊り橋・「御覧場橋」
上流側に行ったので今度は下流側までひたすら歩いて行きますと、「御覧場橋」と名付けられた吊り橋があり、天工橋から約200メートルぐらい下流となる場所にあります。
少し渡ってみましたが、かなり揺れるので不安定な場所が苦手な人は気をつけた方が良いかもしれません。

今回行った場所は全て動画にまとめにしましたので、是非ご覧になってみて下さい。

厳美渓の動画

[4K]Genbikei 厳美渓(岩手県一関市) パステルブルーの水流と新緑が美しい風景 Beautiful Scenery of blue river in Iwate Japan

Color Correction:Blackmagic Design DaVinci ResolveS-log2 to Rec.709)
Video Edit:Adobe Premiere Pro CC
Camcorder:Sony a7S+ATOMOS NINJA FLAME(4K S-log2/S-Gamut)
Lens:SAL1635Z+LA-EA4 stabilizer:Feiyu Tech α2000

厳美渓の所在地や交通アクセス情報

所在地 東北地方|〒021-0101 岩手県一関市厳美町滝ノ上263
時間 24時間
料金 無料
桟敷席 予約:一人 1,000円~1,500円
桟敷席 当日券:2,000円
駐車場 厳美渓レストハウス周辺に有料駐車場あり(1回300円)
道の駅 厳美渓
交通アクセス 東北自動車道 一関ICから車で10分
JR東北本線 一ノ関駅からバスで厳美渓線厳美渓バス停降車 徒歩1分
マップコード 142 066 845*58(厳美渓)
142 096 203*87(道の駅 厳美渓)
関連ウェブサイト いちのせき観光ナビ

駐車場は、厳美渓レストハウス周辺に有料駐車場あり。時間外の場合は徒歩10分ぐらいの場所にある無料の道の駅厳美渓を利用するのが良いでしょう。
一関市内には、猊鼻渓(げいびけい)と呼ばれる観光名所がありますが、そちらとは別の場所になりますので、間違えないように気をつけて下さい。

バリアフリー情報

天工橋からの観賞は可能ですが、その他は未舗装の岩場となっている場所が多いため注意が必要です。国道342号線に向かう道路は途中から歩道が無くなるので車に気を付けて通行して下さい。
国道342号線合流地点付近に通行止めとなった旧道もありますので、そちらからも観賞が可能です。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 八木山動物公園駅から眺める夜景

    八木山動物公園駅の展望台 八木山てっぺんひろばから眺める夜景|宮…

  2. 仙台空港 送迎デッキのイルミネーション

    仙台空港 展望デッキ ジュエリー・イルミネーション|宮城県名取市

  3. やくらいガーデン ふるるの丘

    やくらいガーデンの花々が美しすぎる・・オータムフラワーフェア&#0…

  4. 成田国際空港の夜景 ユナイテッド航空

    成田国際空港 さくらの山公園から眺める滑走路の夜景|千葉県成田市

  5. 宮城県山元町のイルミネーション コダナリエ

    宮城県山元町の手作りイルミネーション コダナリエ