東北から九州まで、全国の観光情報や季節のイベント情報を集めた写真と動画による総合情報サイトです。

Japan Videography 公式情報サイト

多賀城跡あやめ園

宮城県の観光・旅行情報

多賀城跡あやめまつり-800種300万本の菖蒲が織り成す絶景|宮城県の観光情報

更新日:

宮城県多賀城市の多賀城跡あやめ園で毎年6月中旬から下旬まで行われている「多賀城跡あやめまつり」は、二万一千平方メートルの敷地に約800種類300万本の菖蒲やハナショウブ、カキツバタなどの花が美しく咲き誇ります。

多賀城跡あやめまつり~あやめ園に咲く800種300万本の菖蒲~

多賀城跡あやめ園とは?

宮城県多賀城市の多賀城跡は、神亀元年に按察使大野東人が築城、創建した陸奥国府と鎮守府が置かれていた場所で、奈良県の平城京跡、福岡県の太宰府跡と共に日本三大史跡に数えられていて、国指定特別史跡にも指定されています。
その多賀城跡の一角にあるのが「多賀城跡あやめ園」で、約2万1千平方メートルの敷地面積を有し、園内には800種類300万本のアヤメやカキツバタ・花菖蒲などが植えられていて、毎年6月中旬から下旬にかけて美しい花々を咲かせる絶景が訪れる人々を魅了します。

多賀城跡あやめ園に咲く花々

多賀城跡あやめ園
多賀城跡あやめ園の中で一番広い範囲に植えられているエリアで、奥には東北歴史博物館収蔵庫があります。

多賀城跡あやめ園の遊歩道
多賀城跡あやめ園には遊歩道が整備されたエリアがあり、お花畑に囲まれるような絶景の空間を楽しむ事ができます。

多賀城跡あやめ園の花
時期的に花が咲き終わる頃であったのと、気温が高く晴れている事も多かったために花の見頃は過ぎていましたが、見頃前から見頃の時期となると素敵な花を咲かせています。

多賀城跡あやめ園
園内にはあやめ即売所もありますので、花を見て楽しんだ後に購入して自宅でも鑑賞する事が可能です。
多賀城あやめまつりは、開花の時期に合わせて開催日が毎年変動いたしますが、今年は30周年記念となり初日と2日目にはライトアップが行われたようです。

多賀城あやめまつり 詳細情報

住所 東北地方/宮城県多賀城市市川立石
期間 2018年6月16日~6月30日(開花に合わせて変動)
時間
駐車場 合計180台
普通車300円 バス1台3000円
交通アクセス JR東北本線 国府多賀城駅から徒歩5分

 

-宮城県の観光・旅行情報
-, , ,

Copyright© Japan Videography 公式情報サイト , 2019 All Rights Reserved.