あしかがフラワーパークのイルミネーション 光の花の庭 Flower Fantasy

あしかがフラワーパーク イルミネーション レインボーマジック

栃木県足利市のあしかがフラワーパークで開催するウィンターイルミネーション 光の花の庭 フラワーファンタジー2018-2019は、2018年10月27日から2019年2月5日まで開催。今年は450万球の幻想的な光が輝きます。

あしかがフラワーパーク 光の花の庭 Flower Fantasy2018-2019

あしかがフラワーパークのイルミネーションとは?

栃木県足利市のあしかがフラワーパークで開催する「光の花の庭 フラワーファンタジー」は、夜景鑑賞士が選ぶイルミネーションランキングで2年連続で全国1位を受賞し、長崎県の「ハウステンボス光の王国」・北海道の「さっぽろホワイトイルミネーション」と共に日本三大イルミネーションに認定され、2018年には「夜景サミット2018 in札幌」において2012年から続く関東三大イルミネーションにも再認定されています。

今期のイルミネーションは2018年10月27日から2019年2月5日まで長期間にわたって開催、全体で約450万球のLED電球を装飾して今年も季節に応じた光と花の演出も行われる予定です。
ほぼ毎年訪れている場所ですが、今回は2017年と2018年に撮影した写真や動画と共にご紹介します。

スイレンとバラのイルミネーション 光のフラワーステージ

栃木県足利市のイルミネーション あしかがフラワーパーク 光の花の庭
光のフラワーステージは、水辺に囲まれた正方形のステージ上でスイレンやバラ、チューリップの花が咲いているようなカラフルなイルミネーションで彩られています。訪れる時期によっては花壇に花が咲いている事もあるので、開催期間後半よりも前半の方がオススメです。

虹色の橋が架かるレインボーマジックと銀河鉄道

あしかがフラワーパーク イルミネーション レインボーマジック
正面ゲートから入ると光のフラワーステージ越しにも見えるレインボーマジックは、虹色の架け橋のようなイルミネーションで2018年にリニューアル!虹以外にも夜空や花など様々な模様に変化するようになりました。その隣には銀河鉄道と天空のお花畑など華やかに装飾されています。

あしかがフラワーパーク イルミネーション レインボーマジック

11月中旬まで限定の光とアメジストセージの融合

あしかがフラワーパーク イルミネーション 光とアメジストセージの融合
開幕時から11月中旬頃に見頃を迎える光とアメジストセージの融合は、タワー型のイルミネーションと共にその周囲をアメジストセージが取り囲みます。
昨年は11月下旬頃に訪れましたが、まだアメジストセージの花が咲いていましたので11月中なら大丈夫そう。

幻想的な光に彩られたフラワーキャッスル

あしかがフラワーパーク イルミネーション フラワーキャッスル
幻想的な光で彩られたお城と一面に広がる光のお花畑が印象的なフラワーキャッスルは、あしかがフラワーパークの中でも最も新しいイルミネーションで、カラフルな光の花火も夜空に打ち上がります。お城の階段を登って写真を撮る事ができるフォトスポットにもなっているので、順番待ちの長い列が出来ていたようです。

水辺に浮かぶ光のピラミッド

あしかがフラワーパーク イルミネーション 光のピラミッド
水辺に浮かぶピラミッド型のイルミネーションで、その間を縫うように張り巡らされた桟橋の上から、これらのイルミネーションを眺める事ができます。気温が氷点下近くなると桟橋の上に霜が降りて滑りやすくなるのでご注意を。

西ゲート側に設置された未来への翔き

あしかがフラワーパーク イルミネーション 未来への翔き
西ゲート側に設置している未来への翔きは、音楽に合わせて様々な姿に光り方が変わるイルミネーションで、水辺に映り込む姿がとても幻想的です。

美しいイルミネーションで彩られた花々が美しい光のバラ園

あしかがフラワーパーク イルミネーション 光のバラ園
バラを中心としたイルミネーションで彩られる光のバラ園も、カラフルな光に包まれる絶景のイルミネーションスポット。正面にはステージも用意されていて高い場所から見下ろすように観覧できます。

人気フォトスポットのみんなの地球

あしかがフラワーパーク イルミネーション みんなの地球
みんなの地球は、水辺に浮かべた船の上で写真を撮影する事ができる人気のイルミネーションで、混み合っている時は順番待ちの長い列が出来る程ほどです。

あしかがフラワーパークの敷地面積は82,000㎡もあるので、まだまだこれだけでは終わらないのが日本一のイルミネーションスポット。どこを見渡しても感動してしまいそうな程に美しい光のアートが広がります。
毎年演出が違うので、何があるかは訪れてみないと全くわかりません。
今年は、新たにあしかがフラワーパーク駅も完成して、今までよりもアクセスはかなり良くなり、車の無い人でも気軽に観光しやすくなりました。是非この機会に美しいイルミネーションをご覧になってみて下さい。

あしかがフラワーパーク 藤棚

あしかがフラワーパーク 光の花の庭 フラワーファンタジーの映像

2017年 日本三大イルミネーション あしかがフラワーパーク 光の花の庭 フラワーファンタジー2017-2018
撮影機材:Sony α7S+ATOMOS NINJA FLAME
ジンバル:Feiyu Tech α2000

2016年 日本三大イルミネーション あしかがフラワーパーク 光の花の庭 フラワーファンタジー2016-2017
撮影機材:Sony α7S+ATOMOS NINJA ASSASSIN

2016年 日本三大イルミネーション あしかがフラワーパーク 光の花の庭 フラワーファンタジー2015-2016
撮影機材:Sony α7S+ATOMOS NINJA ASSASSIN

あしかがフラワーパーク イルミネーション 場所・駐車場・日程情報

所在地 関東地方/〒329-4216 栃木県足利市迫間町607
時間 16:30~21:00(土日祝は21:30まで)
料金 大人900円 子供500円
駐車場 無料
交通アクセス JR両毛線 あしかがフラワーパーク駅 下車
マップコード 64 512 261*48(あしかがフラワーパーク)
64 512 317*20(駐車場)
64 482 872*46(臨時駐車場)

期間中は駐車場が大変混雑します。あしかがフラワーパーク近くに止めようとすると全く動かなくなる時があるので、臨時駐車場か公共の交通機関を使った方が無難です。

※本記事の情報は昨年と今年発表分の情報に基づいており、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は公式ホームページ等でご確認下さい。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Youtube チャンネル 登録

  1. 秋田県大仙市 旧池田氏庭園

    国指定名勝 東北三大地主の大庭園 旧池田氏庭園

    2019.09.27

  2. 秋田県大仙市 払田柵跡(ほったのさくあと)

    謎を秘めた日本の古代城柵遺跡 払田柵跡(ほったのさくあと)

    2019.09.26

  3. マーチングバンド・バトントワーリング宮城県大会

    マーチングバンド・バトントワーリング宮城県大会

    2019.09.24

  4. TCD ワードプレステーマGENSEN 検索フォーム

    おしゃれなオススメ有料Word Pressテーマ TCDのGENSENを導入してみた

    2019.09.18

  5. 神岡南外花火大会 超特大スペシャルスターマイン

    2019年 第40回記念 神岡南外花火大会

    2019.09.17

  6. 大阪府の水族館 NIFREL

    水族館×動物園×美術館が融合したテーマパーク!NIFREL(ニフレル)

    2019.09.07

  7. 宮城県大崎市 鬼首かんけつ泉

    温泉卵も作れる鬼首温泉郷の観光名所 鬼首かんけつ泉

    2019.09.06

  8. バッテリー交換

    冬より怖い! 夏に自動車のバッテリーが上がる 原因や対策は?

    2019.09.05