宮城県 青麻神社の幻想的な夜景

宮城県の観光・旅行情報

青麻神社・三光神社の総本社 仙台市岩切の青麻神社

投稿日:

宮城県仙台市と利府町の中間付近に位置する青麻神社は、日本全国にある青麻神社・三光神社の総本社で、中風封じや海上安全の信仰がある神社です。
天之御中主神・天照大御神・月読神を主祭神とし、常陸坊海尊を併祀していて、中風封じや海上安全への信仰がある神社です。
その青麻神社への参拝や茅の輪くぐり、青麻神楽についての記事をまとめました。

青麻神社・三光神社の総本社 仙台市岩切の青麻神社

青麻神社とは?

宮城県仙台市岩切 青麻神社

利府町の宮城県総合運動公園(グランディ・21)から宮城県県民の森に向かう途中にある青麻神社は、社伝によると852年に山城国(現在の京都府)から訪れた穂積保昌が麻の栽培をこの地に伝え、一族が尊崇する日月星の三光神と言われる天照大御神(あまてらすおおみかみ)・天之御中主神(あめのみなかぬしのみこと)・月読神(つくよみのかみ)を岩窟中に奉祀したのが創始と伝えられています。

昭和58年には、現在の仙台市泉区で山林火災が発生して全体で3300ヘクタールが焼失するという未曽有の災害が発生しましたが、神威の御加護により青麻神社の社殿と神楽殿は焼失を免れ、現在の社務所は昭和59年、現随身門は平成12年に再建したそうです。

青麻神社の御利益

半身不随、片麻痺、言語障害、手足の痺れや麻痺などの中風病退散海上安全・眼病平癒等にご利益があるそうで、「三度詣でれば生涯中風の難よりのがれる」と伝えられいます。

参拝方法は、手水場で手と口を清め、拝殿の前に立ち賽銭を入れてから鈴を鳴らします。
二回頭を下げて二回手を叩き、手を合わせながら祈りを捧げ、最後に一礼をする二拝二拍手一拝で行います。
この作法は、鈴の音で祓い清めて神様を呼び、二回頭を下げる事で神様への敬意を表し、右手を少し手前にずらして二拍手した後に指先を揃えて祈りを捧げ、最後の一拝で神様を送ります。
二礼二拍手一礼とも呼びますが、これが参拝時に基本となっている作法であるとされています。

青麻神社の御清水(おすず)

青麻神社の御清水(おすず)
青麻神社の手水場は綺麗な湧き水となっていますので、ここで水を汲むために訪れる方が沢山います。
参拝者優先のため、長時間の水汲みは禁止となっていますが、持ち帰って半月ぐらい保存していても濁ったりしない程に綺麗な水です。

青麻神社の御清水(おすず)青麻神社の境内にある池も湧き水なので、ここからも水が汲めます。池を見ても透明感のあるとても綺麗な水でしたね!

 

青麻神社の水みくじちなみに、青麻神社には水みくじがあります。
池の水に軽く浸すと文字が浮き出るようになっているのですが、浸しすぎるとこのように何も出て来なくなりますので、先行きがわからなくならないように、紙が濡れる程度にして下さいね!

青麻神社の湧き水境内の中だけではなく、道路を挟んで反対側にも御清水を汲める「元茶屋の清水」があります。
こちらは水量も豊富なので、大きなポリタンクなどを持って行ってもあっという間に水が満タンになります。
どの御清水も料理や飲料水としても利用できる美味しい水ですので、是非!

茅の輪くぐり

青麻神社 茅の輪くぐり
茅の輪くぐり(ちのわくぐり)とは、神社境内に立て掛けられた茅(かや)の輪をくぐる事で、身を清めて災厄を払い、無病息災や厄難消除・開運厄除などを振り払うために行われます。
これは、「夏越の祓(なごしのはらえ)」という儀式で行われるものであり、主に6月の晦日に行われますが、青麻神社では7月下旬も行われています。

青麻神社 茅の輪くぐり

茅の輪くぐりの作法は、この看板にあるように左回りにくぐってから8の字を描くように右回りでくぐり、もう一度左に回ってから参拝をします。
神社によっては跨ぐ足の向きがあったり神拝詞(となえことば)があったりしますが、青麻神社の茅の輪くぐりには無いようです。

榊流青麻神楽

青麻神社 榊流青麻神楽

榊流青麻神楽とは、文化四年(西暦1807年)に京都神祇伯白川家より伝習したと言われ、平成3年に仙台市無形民俗文化財に指定されています。
このお神楽は5月1日から3日までの春季例大祭の中で行われ、神話を題材に全十四座で構成し、笛太鼓の曲と舞のみで行われます。

青麻神社 榊流青麻神楽2019年は天皇明仁の生前退位に伴う改元で時代は令和へと変わり、天皇陛下御即位を記念した夜神楽「奉祝即位の礼記念演舞」が行われました。
青麻神楽は全十四座からとなりますが、この日は一部のみの演目で約2時間ほど行われます。
ゴールデンウィークという事もあり、当日は県内外から沢山の方々が訪れていました。

青麻神社 榊流青麻神楽 夜神楽

夜も幻想的なライトアップ

宮城県 青麻神社の太鼓橋と灯篭
青麻神楽は夜間も照明が点灯しているので、参拝が可能です。
どこの神社でも夜遅くに行くと神様がいらっしゃらないという説もあるので、ご利益があるかどうかはわかりませんが・・。

宮城県 青麻神社の幻想的な夜景

県民の森に向かう途中にあるのですが、真っ暗闇に浮かび上がる境内の灯りが「千と千尋の神隠し」でも見ているような幻想的な風景を作り上げています。

光に照らされた随身門と庭園

宮城県 青麻神社の庭園と随身門
写真右側の庭園はライトアップされ、左側には随身門があります。ここまで入ると心が鎮まるような空気感のようなものも感じます。

夜間でも参拝する人が訪れる拝殿

宮城県 青麻神社の夜景

夜でも数名の方が参拝に訪れていましたが、私個人的にはとても相性がいいのか、居心地の良さも感じてしまう程でしたので、何度か参拝に訪れてみようかと思います。

青麻神社 場所・駐車場情報

住所 東北地方/〒983-0821 宮城県仙台市宮城野区岩切青麻沢32
時間 24時間
駐車場 無料
交通アクセス 仙台北部道路 利府しらかし台から車で5分
マップコード 21 892 798*05

バリアフリー情報

太鼓橋にあった段差に板がかけられ、車いすでも通行がしやすくなりました。拝殿前にも車いす用のスロープがあるので体の不自由な方でも安心です。

-宮城県の観光・旅行情報
-, , , , , , ,

Copyright© Japan Videography Express , 2019 All Rights Reserved.