東北から九州まで、全国の観光情報や季節のイベント情報を集めた写真と動画による総合情報サイトです。

Japan Videography 公式情報サイト

ANAボーイング747-400 里帰りフライト 小松空港

ブログ

ANAジャンボ ボーイング747-400型機・退役までの記録と記憶

投稿日:

ANA 全日本空輸による「Thanks JUMBO!キャンペーン」の一環として全国各地の空港で行われた「里帰りフライト」、東日本大震災の被災地である仙台と福島の両空港で行われた「心の翼プロジェクト 卒業フライト」、伊丹空港で行われた「伊丹イベント」などANAのボーイング747-400型機の退役までを追った記録と記憶について記事にしました。

ANAジャンボ ボーイング747-400型機・退役フライトの記録と記憶

ANA ボーイング747-400 里帰りフライト 2013年11月10日 小松空港

ANAボーイング747-400 里帰りフライト 小松空港

ANA ボーイング747-400型機が過去に就航していた都市へ,1日限りの里帰りを行う「里帰りフライト」の第2弾として企画されたのは、石川県小松市の小松空港でのフライト、この空港に全日本空輸のジャンボジェット機が離着陸をしたのは、約5年ぶりとの事でした。
フライト当日は、時々暴風や大雨混じりの悪天候となってしまいましたが、空港の展望デッキ・「スカイパークこまつ 翼」共に大勢の航空ファンが詰めかける程の大盛況っぷりでした。
私が撮影場所に選んだのは「スカイパーク・こまつ翼」でしたが、空港内への侵入防止用の防護柵がとても高いため、脚立が無いと撮影が不可能な場所でしたが、元職場から借りた洗車台2台の上に三脚を立ててどうにか防護柵をクリア。
水飛沫を上げて豪快に着陸する姿や目の前を通り過ぎるジャンボジェット機の大きさに圧倒されっぱなしでした。

伊丹イベント「おかえり!ジャンボ 遊覧フライト」2014年1月12日 伊丹空港

大阪府豊中市・兵庫県伊丹市に跨る伊丹空港(大阪国際空港)では、2006年4月以降から騒音対策のために3発機以上ジェット機による商業飛行を禁止しており、2014年1月12日に行われたでは、地域住民や空港関係者の協力の元に実施する事が可能になりました。

イベント当日は、早朝5時頃に宿泊していたホテルを出発しましたが、撮影場所として予定していた伊丹空港の人気撮影スポットでもある千里川堤防は、渋谷のハロウィン並みの超満員で、ギリギリ入れたのが誘導路正面となる飛行機直下の迫力を味わえる撮影スポットからはかなり外れた状態でした。

ANA ボーイング747-400 伊丹イベント 遊覧飛行への離陸

今回運が良かったのは、誘導路正面に近い場所であったため、滅多に見る事の出来ないW1取付誘導路を使用して滑走路へ進入するANAジャンボを見る事が出来た事でした。

ANA ボーイング747-400 伊丹イベント 遊覧飛行からの着陸

遊覧飛行を終えて伊丹空港へ着陸する一幕。夜のフェリーフライトまで見届けたかったのですが、帰りの便が待っているので渋々離脱となりましたが、それでも伊丹空港の歴史に名を刻み込むような貴重な一日を見届ける事が出来たので、とても素晴らしい1日となりました。

心の翼プロジェクト 卒業フライト 2014年3月15日 仙台空港・福島空港

ANA ボーイング747-400 卒業フライト 仙台空港

仙台空港 ANAボーイング747 卒業フライト ローパス

宮城県名取市の仙台空港で行われた「心の翼プロジェクト・卒業フライト」では、午前7時55分にANAジャンボJA8961が仙台空港へ到着。着陸前にはボーイング747が滑走路上を低空飛行するローパスも行われました。

仙台空港 ANAボーイング747 卒業フライト 離陸

午前10時30分には、宮城県内の小学6年生420人を含む460人を乗せて遊覧飛行への離陸。約1時間半のフライトを行い同日0時3分に仙台空港へ着陸しました。離陸時の撮影場所は平行誘導路正面だったのですが、着陸時には場所を変えて飛行機直下の迫力を味わえる撮影スポットに移動していますので、到着時の放水アーチも見届ける事ができました。

仙台空港 ANAボーイング747 卒業フライト 福島へのフェリーフライト

福島空港へ向かうために離陸をしたANAのボーイング747-400を見届ける場所に選んだのはグリーンピア岩沼の展望台で、東日本大震災の被災地となってしまった沿岸部や仙台空港の様子など全体を見届ける事が出来る場所からの撮影を行いました。
RWY09なのか27で離陸をするのかわからない状態での賭けでもあったのですが、地元で東日本大震災を経験したからこその思いを一本の映像に詰め込んでいます。

ANA ボーイング747-400 卒業フライト 福島空港

福島空港 ANAボーイング747 卒業フライト ローパス

仙台空港から離陸したボーイング747を追って福島空港に出発しましたが、到着したのは遊覧飛行を終えて滑走路上をローパスする直前の事。1回目は超低空飛行だったようですが、2回目はちょっと高めでのローパスを行いました。

福島空港 ANAボーイング747 卒業フライト 着陸

ローパスを終えてANAのボーイング747-400は着陸。この瞬間だけでも見れたので行った甲斐はあったなと感じるぐらいの感動的なシーンでした。

さよならチャーター 遊覧フライト 2014年3月16日

ANA Boeing 747 さよならチャーター 成田国際空港

福島空港でのフライトを追えてナイトステイした成田国際空港から、遊覧飛行を行う熊本空港へ出発するANAのボーイング747の離陸を見届けます。

日本での大量輸送時代を切り開いたボーイング747は、1970年に初就航となってから国内線・国際線共に多くの路線で活躍した世界最大の旅客機でしたが、老朽化や燃費の悪さもあり2014年3月31日の羽田-那覇のフライトをもって約44年間の歴史に幕を閉じる事になりました。

ANA Boeing 747-481D スペック
全長:70.7メートル
翼幅:64.4メートル
尾翼高:19.4メートル
座席数:287~339席
最大離陸重量:394,600kg
巡航速度:910km/h
エンジン:ゼネラル・エレクトリック CF6-80C2B1F

ANA ボーイング747-400Dの退役までを追った映像


ANA Boeing 747-400D さよならジャンボ ボーイング747全機退役までの記録

惜しまれながらも2014年3月31日に最後の運航を終えて全機退役したANA 全日本空輸のジャンボジェット機、ボーイング 747-400Dによるフライトを追った映像集です。
日本の航空会社が保有する旅客機では最後のジャンボジェット機となった全日空のBoeing 747は、2014年10月から過去に就航していた路線でフライトを行う「里帰りフライト」が行われ、2014年10月に函館空港から始まり、ラストの長崎空港での運航を終えるまで全国6か所の空港で離着陸を行いました。
その間には、東日本大震災で被災した仙台・福島の両空港で「卒業フライト」を実施、3発機以上の発着が制限されている伊丹空港(大阪国際空港)では、空港関係者や地域住民の協力のもと伊丹イベント「おかえり!ジャンボ遊覧フライト」が行われました。
今回収録した動画は、その中の一部である、小松空港・伊丹空港・仙台空港・福島空港・成田空港でのフライトの様子を記録したジャンボ退役を追った映像集となっています。

収録映像タイムスケジュール
0:00 小松空港 雨の中のANAジャンボ里帰りフライト

4:42 伊丹空港(大阪国際空港)での「おかえり!ジャンボ遊覧フライト」では 大勢の航空ファンが集まった千里川土手から撮影

12:29 東日本大震災で津波被害を受けた仙台空港では「卒業フライト」を実施、ローパス(低空飛行)や遊覧飛行などが行われました。

29:12 仙台空港でのフライトに引き続き同日に福島空港で「卒業フライト」を実施

37:40 国内の航空会社が保有するジャンボジェット機では国内最後のフライトとなった「ボーイング747退役記念 さよならチャーター」は、九州地方の熊本空港で実施、成田国際空港からのフェリーフライトの様子を撮影しました。

永久保存版 ジャンボジェット機の退役までを追った約100分のDVD付き ANA 747 全機録(イカロス・ムック)
https://amzn.to/2PzzeBa

-ブログ

Copyright© Japan Videography 公式情報サイト , 2019 All Rights Reserved.