東北から九州まで、全国の観光情報や季節のイベント情報を集めた写真と動画による総合情報サイトです。

Japan Videography 公式情報サイト

山形県 2016年 赤川花火大会 希望の光 二尺玉

山形県の花火大会

赤川花火大会-1万2000発の色彩豊かな感動花火|山形県の花火情報2018

更新日:

2018年8月18日に山形県鶴岡市赤川河川敷で開催する「赤川花火大会」です。全国デザイン花火競技会と共に開催する赤川花火大会は、全国から選抜された花火師が腕を競うと共に特別プログラムでは、最大で700m幅で打ち上げるエンディング花火や市民花火など、最後まで目の離せないプログラムが目白押しです。

赤川花火大会

花火大会の内容

2016年 赤川花火大会 オープニング ㈱マルゴー

夏真っ盛りの毎年8月第三週に山形県鶴岡市の赤川河畔(羽黒橋~三川橋)で開催している赤川花火大会は、「全国デザイン花火競技会」が行われ、四重芯変化菊や五重芯変化菊などの10号玉による多重芯割物花火と自由な発想で創造性豊かな花火を打ち上げる自由玉、打ち上げタイミングや美しさ・タイトルとの調和などで採点される音楽付きのワイドスターマインで競い合うデザイン花火の部に分かれ、各部門の優勝を目指して全国トップクラスの花火業者が腕を競い合います。
また、競技の合間には特別プログラムが用意されていて、主催者のカウントダウンと共に400mのワイド幅で打ち上げられるオープニングと共に赤川花火大会が開幕し、熱気も冷めやらないままデザイン花火競技会がスタート、中盤には株式会社磯谷煙火店によるストーリー仕立ての「ドラマチックハナビ」や、募金などで鶴岡市民によって支えられながら行われるスーパーワイドスターマインの「市民花火」、赤川河川敷の広大な敷地を利用した700m幅で音楽と共に打ち上げられる「エンディング花火」など、視界いっぱいに広がる美しい花火で感動する事間違い無しです。

まだまだ課題も多い花火大会でもあります。

上記のようにデザイン花火競技会も行われるために、趣旨もわからず飽きた観覧客が打ち上げ中に立ち上がったり、通路に人が溢れてしまい途中で打ち上げを中断してしまう事もしばしば・・・、一部のメディアや花火マニアなどの宣伝効果で大勢の観覧客が訪れるようになった花火大会ではありますが、有料観覧席内であってもかなりの人が行き来を繰り返しているのも見受けられます。
デザイン花火や10号玉も、心を込めてかなり精巧に作られた花火が打ち上げられますので、10号玉であれば開花時の丸さや色変化の仕方や星の消え方など、デザイン花火であれば音楽と花火の調和・タイトルに沿った打ち上げを行っているかなど、自分も審査員になった気持ちで楽しんで頂くと、花火の見方が変わりますのでオススメしたいと思います。

赤川花火大会 関連動画


2016年 赤川花火大会 エンディング&希望の光
音楽の著作権の都合で再生不可能な動画もありますが、2016年の映像は再生できるようです。700mワイドで打ち上げられるエンディング花火と東日本大震災からの復興を願い2011年から続けられている「希望の光」です。諸般の事情で2尺玉の打ち上げは行われなくなりましたが、この年までは有限会社伊那火工堀内煙火店による美しい20号玉も打ち上げていました。


2017年 赤川花火大会 市民花火「クロスオーバーアートエクステンデッド」
中盤に行われている伝統の市民花火は、エンディングと共に赤川花火大会を代表する特別プログラムとなっています。


2017年 赤川花火大会 ドラマチックハナビ「オバケのマシューと不思議なキャンディ」
毎年、株式会社磯谷煙火店が担当しているドラマチックハナビは、音楽ではなくナレーションに合わせたストーリー仕立てのプログラムである所に着目していただきたい所。他所では滅多にお目にかかれません。

全国デザイン花火競技会 関連動画


2017年 赤川花火大会 全国デザイン花火競技会 10号玉割物花火
全国デザイン花火競技会の10号玉割物花火の部で、各社共に10号玉を2発打ち上げ、1発目は四重の芯と外側の親星で合計5つの円を描く四重芯変化菊や、三つの芯と親星で4つの円を描く三重芯変化菊などの多重芯割物花火と、2発目は自由な発想で花火を作り上げて美しさや独自性を競い合う自由玉の合計2発を打ち上げ競い合います。形の美しさや星(花火の火薬)の消え方が揃っているかなど、かなり細かく審査されます。


2017年 赤川花火大会 全国デザイン花火競技会 デザイン花火の部 優勝
株式会社 北日本花火興業「CLEOPATRA~伝説への夜明け~」
音楽に合わせて行われるワイドスターマインの競技で、音楽との調和やタイトルとの整合性・打ち上げタイミングなどで競い合うプログラムで、2017年の優勝者は㈱北日本花火興業でした。


2017年 赤川花火大会 全国デザイン花火競技会 デザイン花火の部 第2位
有限会社 太陽堂 田村煙火店 「グラフィックアート」
近年凄く力を付けている花火業者で、今年も楽しみな業者の一つです。


2017年 赤川花火大会 全国デザイン花火競技会 デザイン花火の部 第3位
株式会社 和火屋「La La Land~花火ほど素敵なショーはない~」
2016年に公開となったミュージカル映画 ラ・ラ・ランドのテーマ曲に合わせて打ち上げられた楽しいプログラムです。

他にもYoutubeには赤川花火大会の動画を公開していますので、是非ご視聴いただければ幸いです。
Youtubeへのリンク

赤川花火大会 詳細情報

 

開催場所 東北地方/山形県鶴岡市 赤川河畔(羽黒橋~三川橋)
開催日時 2018年8月18日 19:15~21:00
最大号数 10号玉
観覧席 無料
有料観覧席あり(2018年は未発表)
駐車場 有料駐車場
交通アクセス JR 羽後本線 鶴岡駅から徒歩20分
形自動車道 鶴岡OCから車で20分

この記事は、昨年実績の内容に基づいて執筆しています。駐車場情報や最新の情報は公式ホームページ等をご参照ください。

-山形県の花火大会

Copyright© Japan Videography 公式情報サイト , 2019 All Rights Reserved.