東北から九州まで、全国の観光情報や季節のイベント情報を集めた写真と動画による総合情報サイトです。

Japan Videography 公式情報サイト

ブログ

第46回 マーチングバンド全国大会に行ってきました!

更新日:

2018年12月15日と16日に第46回 マーチングバンド全国大会が埼玉県さいたま市のさいたまスーパーアリーナで行われました。今年が初観戦となるのですが、本当に素晴らしい演奏演技を楽しませていただきましたので、今回はマーチング全国大会が終わって帰るまでの様子を記事にさせていただきます。

第46回 マーチングバンド全国大会

前日の様子

2018年12月15日 宮城県仙台市の雪景色

毎年年末になると、クリスマスに合わせて福島へ花火を見に行くのですが、今年は無しにしてマーチング全国大会に全てを詰め込みました。
全国大会自体が初めてだったので、時間や予算の見通しが立たなかったのもありますが、全国トップクラスのマーチングバンドが集まる全国大会はかなり楽しみにしていました。ですが、出発当日の天気は雪!
12月中はタイヤ交換をしなくてもいいと思っていたのですが、数日前にタイヤ交換をして正解でした。

その後、集合場所まで送迎します。
出演者は、朝から練習して夜にバスで栃木に向けて出発するとの事なので、ここでお別れとなりました。

そのまま高速に乗って一足先に栃木に向かいますが、タブレットで全国大会の配信を見ながら移動していたので、東北支部の団体が出る度にパーキングエリアに入ったりしていたのもあって、全然進みません(笑)
それだけではなく、自分が携わって製作したNEXCOカレンダーも探しておりました。(結局見つからず)

東北自動車道 那須高原サービスエリア

那須高原サービスエリアには11時丁度に到着。
ここでも、NEXCOカレンダーは見つからなかったのですが、案内の人に聞いてみたら全部配布しちゃったとの事。

栃木県日光市 華厳の滝

高速を降りてからは、いろは坂を登って日光へ向かいます。
最初に向かったのは、日本三名瀑の一つとなっている華厳の滝で、中禅寺湖の水が約97mの高さから流れ落ちる姿が壮大な滝なのですが、よりによって水流は少なく、凍っているわけでもなく、なんとなく中途半端な感じとなっていました。

 

栃木県日光市 日光東照宮

江戸幕府の初代征夷大将軍徳川家康公を神格化した東照大権現を祀る日光東照宮と言えば、見ざる、聞かざる、言わざるの三猿(さんざる)が有名ですが。

栃木県日光市 日光東照宮 三猿

全国大会は、見て、聞いて、叫びます!

 

栃木県日光市 日光二荒山神社

縁結びにご利益があるとされる日光二荒山神社では、参拝時間終了であったのにもかかわらず、駆け込み参拝をする人が後を絶たず巫女さんが困っていました(笑)

栃木県足利市のイルミネーション あしかがフラワーパーク 光の花の庭

マーチング全国大会の前夜祭で最後の目的地である、あしかがフラワーパークに到着。今年は450万球に増えて、以前よりも輝きを増しただけではなく、今までもフラワーパークのシンボルともなっていた虹のアーチがリニューアルされて、明るく色鮮やかになっていました。
ここでは毎年動画を撮影していたのですが、当日のうちに埼玉に入らなくてはいけないという時間の都合もあり今年は無しです!

マーチングバンド全国大会2日目

あしかがフラワーパークから30km地点にある熊谷駅側のホテルに宿泊をしましたが、誤算だったのが常に太陽に向かって移動しなくてはいけない事。
ホテルはすごく安くて良かったのですが、太陽に向かって走るのがとても眩しすぎるので来年以降は考えようと思います(笑)

マーチングバンド全国大会の会場となるさいたまスーパーアリーナに到着したのが8時40分頃で、席に着いたのが開会式が始まる直前となりました。
席の場所は、指定席の端とも言えるぐらいの位置で、センターからはかなり遠い感じだったのですが、センターとその両隣は花火大会のSA席とSB席みたいに差を付けて分けても良いんじゃないかと思ったのと、指定席の競争率が激しい割にはとても空席が目立っていたのが気になってしまいました。

ショーが始まると、全国大会の中で全国大会をやってみたり、狼だったり、太陽のようにギラギラしていたり、全国ともなると本当に凄いと思えるような演奏演技が続き、ほとんどが、YoutubeやSNSでしか見た事の無い団体ばかりだったのですが、生でしか味わえないマーチングの楽しさを教えてくれるような感動的なショーばかり。

マーチングの世界に足を踏み入れて1年ですが(見る専門の)、約1年かけて徐々に完成させたショーを全力で演じ切る場が全国大会なのかな?と感じました。そこには、過去最高のパフォーマンスを出し切ったり出し切れなかったりというドラマもあったと思いますし、結果が全てではないと言えば綺麗事かもしれませんが、どの団体も見る者を魅了させるような演奏演技ばかりでした。

また来年全国大会に行ければ同じように感動するのでしょうが、今年のショーを今年のメンバーでやる大きな大会はこれが最後って思うと寂しい気持ちもあり、大会自体は続いても二度と来る事の無い貴重な時間に立ち会えたと思うと、そこに言葉はいらないような気もします。

宮城に戻って送迎の準備もしなくてはいけなかったので「早く帰れ!」という無言の圧力を感じながら15時過ぎに会場を抜けてしまいましたが、余韻がいつまでも残ってて未だに抜け出せない私がいます・・・。
初めて全国大会を経験したうちの子、いっぱい声援を送っていたのに緊張のあまり全く聞こえていなかったとの事。

よく頑張りました!

と、この人が申しておりました(笑)

多分、マーチングに人生を狂わせられるような気もする。

-ブログ

Copyright© Japan Videography 公式情報サイト , 2019 All Rights Reserved.